サイトの改修作業が完了しました。2019/8/25

独学TOEIC攻略の記事を書く前に私のTOEIC歴を書いておく

ーこの記事はこれからTOEICで高得点を取るために頑張ろうと言う人に向けた記事ですー

ーこの記事ではTOEIC L & Rを”TOEIC”と表記して進めていきますー 

TOEICリスニング対策 ディクテーションは意味がない!  初心者からTOEIC 730 約3ヶ月でとるためにやった対策

私はこれから、底辺の英語力でも留学とか受験勉強みたいな死ぬほど辛い勉強をしなくても、未経験から独学でTOEIC800点以上を半年以内に達成することを可能にする方法を記事にしていこうと思っています。(なぜ800点かといえば、私が確実に紹介できる範囲なのと八割というひとつの目標となりうるところだと考えるからです。)

主にTOEICにおいて、英語初心者だけど短期間で高得点を目指したいという人向けに私が実践したことや考え方をまとめるつもりです。

 

それにあたって、私がどのようにTOEIC学習に取り組んだのかを知っていただくことで、どうすればいいかのイメージがしやすいように思うので私の英語歴や当時の状況、考え方などをひとつの記事として纏めておきます。

私のように就活で活かしたい学生、国際部門へ異動するためのアピールがしたい会社員、ただ自慢したい意識高い系の皆さま、誰でもいい。TOEICスコアをできるだけ早く上げていきたいと考えている人々に少しでも参考になれば嬉しいですね。

 

それと最初の記事なので少しこれからの記事の内容を説明します。

他の記事とかサイトとは何が違うのか。

それは金と時間にものを言わせるのではなく、圧倒的に効率のいい勉強をすることで早い点数アップを可能にするということです。

よくある記事で最終的に必要になっていることや筆者が経験していることといえば、

留学すること

塾に通うこと

死ぬほど勉強すること

購読?とか登録して長期間やること

 

最終的にこういうのが前提になっていますね。

こういうのはたくさん見ますが、もうため息しか出ません。

それが出来たらやってるよと。逆にいうとみんながそれやったらみんなTOEICなんぞ高得点だからね。

魔法でもなんでもない。

この記事では胡散臭いメルマガ配信とか、2ヶ月で800点行く方法とか書いといて実は600→800でした〜とかしょうもないやつとは違い、良い情報を偽りなく書くつもりです。

半年で800点は実際に私が研究しながらやったことなので半年というのは長く取っています。

 

そういう感じでインチキくさい記事とは一風変わった記事になったら良いと思いますね。

日常の生活の中でどう勉強するかとか簡単に考える方法とか、そういう部分も書こうと思います。細かい知識は他に任せる。

(ですが私のやり方も魔法ではないので、ある程度の努力は必要ですよ)

私の英語歴

 

冒頭にも書きましたが私は半年で未経験からTOEICスコアを800点以上まで引き上げました。

当時の実際のスコアは825点。上級者から見たら程々で初心者からしたらそれなりに高い得点ではないでしょうか(私の感覚では)。その二ヶ月後受験したきりで半年以上経過し現在(執筆時)に至ります。日々の英語の勉強は継続中ですね。

私が英語を学ぶことを決意するまでの私の英語能力の状況を説明しておきましょう。私の記事を参考にしていただける場合には、自分の状況と私(KN METHOD)の状況を照らし合わせることはかなり参考になると思います。

 

学校での成績

 

中学、高校で基本的に五段階評価では下から2つ目。テストの点数は基本的に20点とか30点くらいで決して得意と言えるものではないですね。

全体の成績も低く一般受験で大学入試を受けることにしたが、センター試験では英語が90点という最高に足を引っ張る結果となりました。

そしてなんとか入学した大学でも英語の授業が嫌いで、二つの必修英語で単位を落とし再履修する羽目になります。

いかがでしょうか。なかなか残念な英語歴でございますね。

ただずっと洋楽は好きでしたね。

TOEIC歴

 

私は大学ではゼミなしサークルなしだったので就活でアピールすることがなかったため、TOEIC学習をして数字を出し会社にアピールすることが動機でした。

まあ、あと今後それを土台にしてさらなる英語の習得に役立てようという思いはありましたね。

初受験は英語学習を始めてから1ヶ月ちょっとの時点でした。

当時は自信あったのですが結果は550点。まあ初めてなのでこんなもんかと。

その一ヶ月後に再び受験したら今度は790点と大きく伸びました。

徹底したリスニング対策が上手くいき嬉しかったですね。これが初めてから2ヶ月半くらいの時点。

その次の時点で受験したのが半年の時点で825点でした。

現在は860です。

 

どのくらい勉強したのか

 

私が800点を超えるまでは毎日1日2時間机で勉強する時間を取り、1日のその他の隙間時間で2時間もやったかな?

日によって差はあるかもですが大体このくらいです。

配分は、机では1時間を二回やり(例えば朝と夜とか)合計二時間でその間は英文を読んだり単語覚えたり問題集解いたり….まあ真面目にやったという印象でしょうか。

でも30分毎にしたり結構適当でしたね。自分のコンディションが良い時にやるのは重要です。

隙間時間というのは基本音声学習でやることです。単語帳なども音声がついてて利用しました。通学中、食事中、バイトの休憩時間、風呂場、釣りしながらなんかもよくやっていました。

 

ただ簡単な英語音声を聞くだけなので苦痛では無いですし、ぼーっとしてるはずの時間を使えるので圧倒的な効率ですね。

あと基本二週間に一回は定休日で1日の用事が出来た時は音声だけとかでしたね。適度に休み、楽しくやるのは重要です。

それとこの間作曲の勉強をしていたのとバイトを月16回(1日の拘束時間は7時間)と少しの学校があったのでわりと忙しい日々でしたね。それとすこしは遊んでましたし。

でも実家で暮らしていて、暇してると思われていたようです…

(全然ガリ勉じゃないアピールです)

実際にやったこと

  • 海外映画を見る(一ヶ月でやめた)
  • 単語帳を覚える
  • 公式問題集を解く
  • PART5.6文法に特化した問題集をやる
  • 英語の新聞を購読する

これがベースです。

いかがでしょうか。「この程度ならできるかも….」と思うかもしれないし、きついかもと思うかもしれない。

ただ昔の私以上に元から英語ができる人なら、800点くらいなら私より早くとれるかも。

当ブログの挑戦

 

私のTOEIC勉強法の記事は私の個人的な挑戦でもあります。

何点アップ!とか英語がダメな私が900点取った方法。とかそんな記事はたくさんあると思いますが、よく見たら留学経験ありとか1日7時間毎日やったとかもとから英語得意だったとかそんなのばかりです。

実際そんだけやれば誰だってTOEICなら点数とれますよね。そんな時間と金があれば誰だってやっているという話です。

そこでKN METHODではいかに効率的に時間を使うか、良い教材を使用するか、英語の考え方を改めるかというような、実際の知識だけでなく最短でやるのに特化した方法を経験に基づき紹介します。

 

以前から私の考えを発信してみたいなと考えていましたし、

その中でなにか他とは違うなというような評価を得られればこちらとしても幸いです。

参考までにということで書くことに責任は持てませんが、精一杯わかりやすい記事がかけたらいいな。

ちなみに全て独学が基本です。

英語学習アプリみたいなのや怪しいPDFは必要ありません。

TOEICリスニング対策 ディクテーションは意味がない!  初心者からTOEIC 730 約3ヶ月でとるためにやった対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です