KOMPLETE 2020年夏のセールを開始。こちらから記事に飛べます

モニターヘッドホンATH-M50x レビュー EDM制作とかに使えそう

 

こんにちは。

今回はオーディオテクニカが販売するモニターヘッドフォン、ATH-M50xについて紹介・レビューしていきます。

(DTMer向け)

 

ATH-M50xは現在私自身が使っているモニターヘッドフォンでもあります。2年ほど使っていますね。

ATH-M50xはかなり定番のモニターヘッドフォンですよね。

 

おそらく同価格帯ということでさらに超定番のSONYのMDR-CD900STなどと迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はATH-M50xの使用感を実際の使用者として生の声をお伝えできればと思います。気になっている方は参考にしてみてください。

 

ATH-M50x とは

 

ATH-M50xはオーディオテクニカのハイエンドモニターヘッドホンです。

レコーディングスタジオ等音楽制作の現場での使用を想定したヘッドホンで、高解像度で優れたサウンドを実現しています。

 

日本でもそこそこ人気のモデルで、ユーザーはかなり多いとは言えなそうですが、海外では圧倒的な人気を誇るモニターヘッドホンです。

密閉型で低音の良さに定評があり、クラブミュージックと相性が良いと言われることが多いモデルですね。

またリスニング用としても使える音質と言われていることが多いです。

 

<特徴>
■スタジオモニターヘッドホンらしい広帯域でフラットな特性は、スタジオレコーディングやミキシングはもちろん、DJやトラックメイカーにもおすすめです。
■強磁力45mm径CCAWボイスコイルドライバーを搭載し、情報量の多い、高解像度で音源に忠実なモニターサウンドを鮮やかに実現します。
■遮音性を高める楕円形状の大きなイヤーパッドは、耳に負担が少なく、長時間使用でも快適なモニタリングを行うことが可能です。
■DJモニターに必須の片耳モニタリングを可能にする、90度反転モニター機構を採用。また、ヘッドバンドは折りたたみ式で持ち運びにも便利です。
■ヘッドパッド、イヤーパッドは新素材を採用し、摩耗に強い、高い耐久性を実現。
■メンテナンスしやすく、利用シーンに合わせて選ぶことができる3種類の着脱式ケーブルが付属しています。

仕様

  • タイプ:密閉型ヘッドホン
  • ドライバー:ダイナミック型(直径φ45mm、CCAWボイスコイル)
  • 再生周波数帯域:15~28,000Hz
  • インピーダンス:38Ω
  • 感度:99dB/mW
  • 最大入力:1,600mW
  • ケーブル:着脱可
  • 質量(コード除く):約285g
  • 付属ケーブル:OFCリッツ線1.2mカールコード(伸長時約3m)、OFCリッツ線1.2mストレートコード、OFCリッツ線3mストレートコード
  • その他付属品:
  • φ6.3mmステレオ標準変換プラグ
  • ポーチ

 

ATH M50xレビュー

 

外観

 

なかなか高級感あるデザインですね。

ヘッドホンとして結構ごつい印象で、重さもあります。

関節が多いので様々な形にできます。

 

またケーブルは片方出しで、反対側は耳を当てる部分を完全にひっくり返すことが可能なので、片耳でモニタリングできます。DJみたいな使い方ができますね。

 

まあ全体的に見ると普通にオーディオテクニカらしいデザインと言えるでしょう。

また私はブラックを選びましたが、他にホワイトもあります。

 

これはこれでカッコいい。

ただこんなに白いと汚れが目立ってしまうということはあるかもしれませんね。

 

付属品が嬉しい

ATH-M50xにはたくさんの付属品が付いてくるのでありがたいものです。

  • 変換プラグ(ステレオミニジャック→標準ジャック)
  • 3mのコード
  • 1.2メートルのコード
  • くるくるしたカールコード
  • ポーチ

が付いてきます。

ヘッドホンとしては充実していますね。

特にケーブル類。用途に合わせて使えます。

 

私は基本的にカールコードをくっつけています。

カールコードは普段はコンパクトなんですが、伸ばすとかなり伸びて便利なんですよね。

 

ポーチも高級感あります。でもこれでヘッドホンを守れるかというと微妙なので、使わないときに埃が被らないようにするくらいのものです。

 

ヘッドホン本体からケーブルを取り外し可能ですが、ひねってロックすることができるので外れるということはありません。

サウンド

日本のDTM界では圧倒的人気

音質に関しては説明しづらいので日本では超定番のヘッドフォンである、MDR-CD900STとの比較を交えながら紹介していきます。

 

ATH M50xのサウンドはモニターヘッドホン ということだけあって、クリアでフラットなサウンドです。

ただMDR-CD900STと比較すると少し低音が目立つ印象ですね。またちょっとドンシャリ風です。

 

ATH-M50xに慣れた状態でMDR-CD900STを使うと、結構中域と高音が豊かに聞こえる気がして違った印象を受けます。

 

ただ低音は目立つとは言ってもやはりモニターヘッドホンなので、かなりスッキリした印象のまま低音もしっかり聴けるというイメージですね。

観賞用のものはもやっとしたりもするのですが、さすがモニターヘッドホンといったところ。

 

高音もはっきりと聞こえてきますが、キンキンしているわけではなく非常に心地の良いサウンドです。

 

ミックスをしていてもそれぞれの楽器がしっかり聞こえ、空気感もわかりやすいのでやりやすいかと思います。

モニターヘッドホンとして問題なく役割を果たしてくれます。

 

最終的にMDR-CD900STと比較してどっちがいいかと考えると、これは好みやジャンルによりますね。

個人的にはATH-M50xはクラブミュージックや低音をよく聞きたい人に向いているかなと思います。またこちらはリスニング用としても楽しいサウンドです。

 

装着感

 

着け心地は個人的には非常に良いと感じています。

耳をすっぽり覆ってくれて遮音性も良いですね。この密閉感は低音の良さに貢献してそうです。

 

軽く圧迫感はあり長時間つけていると耳が痛くなってきますが、それはどのヘッドホンでも同じことでしょう。

(ATH-M50x関連の様々なレビューを確認してみると圧迫感に関しては意見が分かれていて、すぐに耳が痛くなるという方もいましたが)

 

密閉型で結構デカイ印象のヘッドホンなので重さはちょっとある気がしますが、私の場合は小柄なヘッドホンよりしっかりしていて好きですね。

 

MDR-CD900STなどはかなり軽くて薄く、使いやすい印象なのでそういうのが好きな方は窮屈に感じるかもしれません。

 

イヤーパッドとヘッドバンドはでっかくもちもちしていていい感じです。

ATH-M50xは取り替え用のイヤーパッドも別に販売されているので、ぼろぼろになっても取り替えて長く使えますね。

 

 

モニターヘッドホンはイヤーパッドを交換して長く使おう

 

モニターヘッドホンとしてしっかり使えます。

 

いかがでしたか。

今回はATH-M50xについてでした。

このヘッドホンはモニターヘッドホンとして十分に使うことができるので、予算内であるならサクッと買ってしまっていいものだと思います。

 

MDR-CD900STなど同価格帯に優れたものがたくさんあるので迷いますが、ATH-M50xも同等の力を持っていて見劣りするということはありません。

音質が微妙に違うのでどちらも欲しくなるということはあると思いますがね。

 

まあ、クラブミュージック系やリスニング用途でも使えたらいいなと考える方には最適なヘッドホンかと思いますよ。

普通にプロレベルのモニターヘッドホン です。

 

ATH M50x サウンドハウス

 

 

 

 

他にもシリーズ化している

 

ATH-M20x〜70xまで

 

  • ATH-M20x
  • ATH-M30x
  • ATH-M40x
  • ATH-M60x
  • ATH-M70x

とたくさんあります。

それぞれ値段と性能が異なります。

M50xだと高すぎると感じる方は下位グレードからでもいいかもしれませんね。

ATH-M20x。6,000円以下で買うことができる。

 

ATH M20x サウンドハウス

 

 

ワイヤレスのATH-M50xBT

一応ATH-M50xにはワイヤレス版も存在しています。

ただこれはDTM用ではなさそうなので気をつけてください。

モデル名にBluetoothから来たであろうBTが付いてます。

 

ATH-M50xのサウンドを気に入ってしまって外でも手軽に音楽鑑賞したい!と思ったらこれはいいですね。

私もちょっと欲しいです。

ATH M50x BT サウンドハウス