KOMPLETEセール開始!

DTMにはオーディオインターフェイスを使え! 初心者のために解説【2019】

 

こんにちは。

オーディオインターフェイスはDTMを始めるにあたって最初に必要になるものの一つであり、DTMをする上では必ず必要になる機材です。

 

オーディオインターフェイスは簡単に言えばオーディオを入出力させるための機材で、これがDTMでは確実に必要になるのです。

普通にパソコンだけでもそのような機能はあるとは思いますが、DTMのための用途としては性能が足りておらず今回紹介するような専用のオーディオインターフェイスを別に用意する必要があるのです。

 

ということで今回はDTMに使えるオーディオインターフェースについて解説していきます!

結構専門的な機材なので初心者の方はわかりづらい部分かと思いますが、簡単に適したものを選べるように紹介します。

また優れたおすすめオーディオインターフェイスも紹介しますね。

音楽制作ソフト DAWとは? 超簡単に解説 おすすめも紹介

 

オーディオインターフェイスの必要性

 

パソコンにもオーディオ入出力の機能は備わっていますが、なぜオーディオインターフェイスが必要なのか?

まずそこから語りましょう。

 

オーディオインターフェイスは単純に音を入出力する機材でありますが、やはり専用の機材だけあってパソコン内蔵とは全然性能も違いますし、端子類も充実していてその他の機材と接続するのにも困りません。

DTMではマイクやスピーカーなど様々なものをパソコンに接続する必要がありますし、やはり本格的なものを目指すには音質が良くなければなりませんのでこういった点でオーディオインターフェイスの使用が必要になってくるのです。

 

音質に関しては別に気にしなければなんでもDTMはできますが、やはり本格的にDTMをやっていきたいのであればオーディオインターフェイスの力がなければ高品質なものは作れません。

 

そして音質以外の点もパソコンのものではもはや使い物になりません。

先ほども書きましたがまず接続端子がないですし、例えばレコーディングで使われるコンデンサーマイクなどの本格的なDTM機材は、オーディオインターフェイスの機能による特殊な電気特性での電源供給が必要になります。

 

簡単なPCマイクなどなら接続可能ですがそれでレコーディングというのは厳しい部分があるでしょう。

単純に音質もそうですがマイクの入力レベルのコントロールもできないのでマイクのそばで大声は出せませんし。

そしてマイクだけではなくギターなどその他楽器のレコーディングも同様に考えられます。

 

またこれらは一見パソコンにアダプタなどを使うことで使えそうに思えますが、先ほどのコンデンサーマイクではオーディオインターフェイスからの特殊な電源供給が必要になりますし、ギターでもオーディオインターフェイスを介して信号の特性を合わせる必要があり、パソコンでは合わせることができないので結局うまく使えません。

そんなことをしていると最悪の場合壊れます。

オーディオインターフェイス自体9000円程度で買えるものもあるので余計なことをしているとオーディオインターフェイスが買えてしまいます。

 

そしてオーディオインターフェイスはレイテンシーという重要な部分も解決してくれます。

レイテンシーは音の遅延のことを指していますが、オーディオインターフェイスを介さないとこれが大きくなってしまい実際に演奏する場合はもちろん、遅れてくること自体にたいしてストレスが溜まります。

例えば鍵盤をひいて音が出てくるまでに遅延があると演奏になりませんよね。

こういったことはパソコンで起こってしまうとオーディオインターフェイスを使用しなければ解決できません。

 

このようにDTMをするためにはオーディオインターフェイスは欠かせない存在になっているのです。

ちなみにオーディオインターフェイスの接続方法は基本的にUSBなのでとても簡単に使用できます。

 

オーディオインターフェイスも入った機材セットなどもあります。

DTM 機材セットを紹介 今すぐ本格的に始めたい初心者におすすめ

オーディオインターフェイスの選び方

 

オーディオインターフェイスはかなりの種類があり、安いものから高価なものまで様々です。

その中から選ぶ場合にはいくつか見ていくべきポイントがあるのでここで確認しておきましょう。

 

値段は安すぎないように

 

まず値段ももちろん重要な要素の一つですが、値段を見て安いからということで決めるのはやめましょう。

特にアマゾンで探すととんでもなく安いものがあったりしますが、こういったものは対応していない部分が多かったりして最終的に買い換える羽目になるので避けた方が無難です。

しかしちゃんとしたメーカーの定番オーディオインターフェイスでも9千円程度からあり、そんなに高くないので安いものが欲しければそのあたりを検討するといいですね。

またDTMで定番のメーカーでは付属品に各社の音源や簡易版DAWなど豪華な特典があったりするのでやはり最終的にコスパが良いです。

 

おすすめの価格帯は9,000〜2万円です。

このあたりであればどれも高性能でしばらく使えるモデルが多いです。

 

入力・出力端子を確認しよう

 

オーディオインターフェイスを選ぶ上で重要になってくるのが接続可能な端子です。

それによって使用可能なケーブルや便利さも変わってくるので気をつけたいところです。

 

端子の種類はマイクケーブルを接続するためのXLR(キャノン)、ギターシールドが接続できるフォン(標準ジャック)そしてそれらをどちらも差し込むことができるコンボジャックの三つがあります。

以下の画像だとシリーズは同じですがグレードで端子が違っています。

上がシンプルにXLRとフォンのみで下がコンボジャック二つですね。

輪の中に穴が三つのものがXLR(1)、その隣がフォン(2)

コンボジャックが二つ。どちらにもXLRとフォン端子を接続可能

 

このようなイメージなので、例えばエレキギターとマイクでボーカルのレコーディングを個人でやりたいだけなら上のものでも大丈夫ではあります。

右がXLRで左がフォン端子

そして初心者のうちはあまり気にならないかもしれませんが、モニタースピーカーをしっかりと接続したければ出力端子がフォンになっているものを選択することをおすすめします。

モニタースピーカーを接続する際はフォン端子が汎用性が高く音質的にも楽なので…….

まあモニタースピーカーを接続しない方や持っているスピーカーの付属ケーブルなんかがRCAピンというものでしたらここは考慮する必要はありません。

オーディオインターフェイス スピーカーなどの接続方法やケーブルは?

入力端子の数を確認

 

先ほどは入力端子の形を確認しましたが、使用用途によっては入力端子の数も確認しておきましょう。

 

このようにたくさん入力端子が付いているものもあります。

もしバンド全員で演奏して同時にレコーディングなどということをするならこのようなものがいいですね。

しかし、家で個人で簡単に宅録やDTMをするだけであれば上の画像の入力端子が二つのもの(2イン)で十分です。

 

ファンタム電源・Hi-zがあるか確認

さきほどのように端子が一致しているだけでは使用できない機材もあります。

コンデンサーマイクという、高感度で一般的にボーカルやアコギをレコーディングする際に使うプロ仕様マイクを使うには、オーディオインターフェイスからファンタム電源という+48Vの電気を供給してあげる必要があります。

コンデンサーマイクは使用しない予定の方もいるかもしれませんが、ボーカルやアコギのレコーディングのためには最終的に使わざるを得ないマイクだと思いますのでファンタム電源の機能を搭載しているものを選ん方がいいとは思います。

カラオケマイクのような形のものはダイナミックマイクと呼ばれていますが、こちらは「より高音質に」という目的ではコンデンサーマイクに大きく劣るため、やはり本格的にやるならコンデンサーマイクも使用するでしょう。

 

なのでファンタム電源の目印である、「PHANTOM」か「48V」と記載があるかチェックしていきたいですね。

 

そして似たようなイメージでHi-zという機能があるかも確認します。

これはエレキギターやベースを直につなぐために必要な機能です。

エレキギターやベースは物理的にはオーディオインターフェイスに接続可能ですが、電気的な特性が異なっておりHi-zという機能が使えなければちゃんとしたサウンドで録音できません。

このHi-zという機能が付いていれば簡単にエレキギターやベースを接続して録音できるのでここもたしかめたいところです。

 

オーディオインターフェイスにはHi-zもしくはINST(Instruments)などと記載されています。

 

音質の性能を確認

 

オーディオインターフェイスの音質に関するスペックの一つである、サンプリングレートと量子化ビット数を確認しましょう。

と言われてわかる初心者の方はいないかと思いますが….

 

bitという単位で記載されるものが量子化ビット数でサンプリングレートがキロヘルツ(kHz)の単位です。

これらの数値によって音質の良さが異なると捉えておけばとりあえず大丈夫です。

 

これに関しては大体どのオーディオインターフェイスにも、

  • 24bit/192kHz対応

のような記載がされていてこれが一定以上であれば問題ありません。

24bit/96kHz以上の記載があればどれでも大丈夫です。

 

まあ、大体最近のものは24bit/96〜192kHzという数値なのでこれと同様であれば全く問題ありません。

 

オーディオインターフェイスでのbit数は24以外はあまりないのでここも24bitであればそんなに気にすることはありません。

ただ最近32bitに対応したものも出てきていて、16bitは時代遅れなのでこれはあっても選ばないようにした方が良いです。

なので選択肢としては24bit以上対応のものがいいですね。

 

そしてサンプリングレートはどこまで高い音に対応しているかという部分ですが、最近販売されているオーディオインターフェイスは大体96kHz以上なのでそれぐらいならどれでも大丈夫です。

サンプリングレートは高いほど音質がよく感じるとされているので特に理由がなければ高いものを選べばいいかと思います。

 

まあこの辺りは実際に聞いても全然違いがわからない部分なので気にすることもないですが、性能がある程度いいものを選んでおいた方がいいのは間違いないですね。

推奨は24bit/96kHz以上対応です。

ちなみに24bit/192kHzという音質のオーディオインターフェイスでも1万円を切るものもあるのでそこまで構える必要はありません。

 

付属品を確認

 

オーディオインターフェイスには嬉しいことに様々な付属品があります。

付属品といってもケーブルとかじゃなくてDAWや音源などのソフトウェアが無料で付いてくるのです。

 

これらは割と決め手になる場合もあります。

Presonusという会社のAudiobox iTwo(¥14,520)というオーディオインターフェイスでは、Studio One Artistという人気DAWの下位バージョンが付属してきます。

これが普通に買うと1万3千円ほどするものなのでかなりお得感があります。

 

DAWはレコーディングや打ち込み、ミックスができる、パソコンでの音楽制作で最も重要なソフトウェアですが、これがオーディオインターフェイスを買うだけで手に入るのです。以下のようなソフトウェアですね。

音楽制作ソフト DAWとは? 超簡単に解説 おすすめも紹介

 

またその他のオーディオインターフェイスでもCubaseAbletonといった有名DAWたちの簡易版がよく付属してくるので、もしその中に興味のあるDAWがあればそれを目当てにするということで決めるのもいいでしょう。

さらにDAW以外にもシンセや音源などもあるのでここはチェックしておきたいですね!

 

これだけの付属があるのでパソコンとオーディオインターフェイスを買うだけでもすぐに本格レコーディングやDTMが可能となってきます。

 

iOSでも使用できる製品がある

 

もしiPadやiPhoneでGaragebandやCubasisを持っている方がいたらそれらでもオーディオインターフェイスが使用できるかもしれません。

 

最近のオーディオインターフェイスにはiOS対応の製品が多いのです。

iOS対応と書いてあればUSB カメラアダプタという製品を使用することでiPadやiPhoneとオーディオインターフェイスをつなぐことができます。

 

この機能を利用すれば外にiOS搭載の機器と対応オーディオインターフェイスを持ち出せばどこでも高音質でDTMができます。マイクもあればレコーディングもできますので、適した環境で音声ファイルだけ録音してパソコンに持っていくこともできますね。

もしiOSでも使用したいのであれば対応のものを選びましょう。

 

オーディオインターフェイスおすすめモデル

 

ここでは主に初心者が選ぶべきオーディオインターフェイスを紹介しています。

しかし初心者向けといえどどれも性能は良く、コスパが良いものたちです。

 

Steinberg UR22mkII

¥15,081

UR22mk2はCubaseを開発したメーカーのSteinbergの、DTM界では超がつく定番オーディオインターフェイスです。

24bit/192kHz対応、2つのコンボジャックにファンタム電源やHi-z機能など必要な機能は全て備えています。親会社YAMAHAとの開発によるマイクプリアンプを搭載し、クセのない音質のレコーディングを可能としています。

 

また配信に便利なループバック機能やiOS対応など充実した機能を揃えています。

そしてUSBでパソコンとつなぐだけで動作するバスパワー仕様。(iOSでは別途電源が必要)

サイズや機能、値段全てがちょうどよく最もおすすめしたいオーディオインターフェイスです。

 

そしてCubaseの会社なだけあり、付属DAWがCubase AI、さらにiPad用DAWのCubasis LEが付属します。購入したらすぐに音楽制作やレコーディングを始めることができます。

 

新作にUR22Cがあります。下に掲載

 

サウンドハウス↓

UR22mk2

Amazon↓

Steinberg スタインバーグ 2×2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

 

UR22mk2 レビュー DTMに最適でコスパよし! DTM機材セット UR22mk2 Recording Pack レビュー

Focusrite Scarlett 2i2 G2

 

¥15,180

こちらも24bit/192kHz対応の高音質仕様オーディオインターフェイスです。

コンボジャック二つでHi-z、ファンタム共に使用可能です。

クールなデザインで全てのつまみの視認性が高いので先ほどのUR22mk2の無骨な感じが嫌な方はこちらもいいですね。

 

またこちらにはAbleton Live LiteとPro Tools | First Focusrite Creative PackなどといったDAWに、さらにエフェクトやそのまま使える音ネタであるサンプル、そして定番ピアノ音源のAddictive Keysが付属してきます。

かなり充実した付属品で、コスパが良いのでこちらもかなりおすすめです。

 

サウンドハウス↓

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2 オーディオインターフェイス

Amazon↓

Focusrite Scarlett 2i2 G2 2in 2out 24bit 192kHz オーディオインターフェイス

 

最新モデルもあります(USBタイプCで接続。付属ケーブルはC-A)↓

サウンドハウス→ FOCUSRITE Scarlett 2i2 (gen. 3) USB
Amazon→ Focusrite Scarlett 2i2 3rd Gen オーディオインターフェイス

 

URシリーズ Steinberg

先ほどUR22mk2については紹介しましたが、実はかなりシリーズ化していてこれらもおすすめとなっています。

 

UR12

UR22mk2の基本性能はそのままに端子がXLRとフォンが一つずつ、アウトプット端子はRCAピン仕様。もし小型モニタースピーカーを使用して簡単にレコーディングとDTMをするだけなのであればこちらでも十分な性能を備えています。(ファンタム電源・Hi-zあり)

値段は1万円を切る安さ。

 

サウンドハウス→UR12

Amazon→Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12

UR22C

U22CはUR22mk2のUSBタイプCバージョンです。

32bit/192kHz対応で2019年10月に発売した超最新モデルです。

UR22mk2が備える基本的な部分は継承しており、デザインをオシャレに、さらに内蔵のメモリでエフェクトを使える仕様でより高性能になっています。

 

サウンドハウス→UR22C

Amazon→スタインバーグ Steinberg USB3.0 オーディオインターフェイス UR22C

 

UR242

UR22mk2の基本性能はそのままに多くのインプットや内蔵DSPエフェクトを搭載。

こちらはUSBバスパワーでの動作ではなくより本格派な印象。最初から上級者になるまで使えるオーディオインターフェイスです。

 

サウンドハウス→UR242

Amazon→Steinberg スタインバーグ 4 x 2 USB 2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR242

 

 

UR44

UR22の大型モデル。多数の入出力端子があるのでそのような部分が必要になる環境の方はこちらはおすすめです。3つのDSPエフェクトを搭載。

 

サウンドハウス→UR44

Amazon→Steinberg 6 x 4 USB 2.0 オーディオインターフェース UR44

 

 

Native Instruments KOMPLETE AUDIO 2

¥13,035

 

2019年に発売された最新のオーディオインターフェイスです。

24bit/192kHz対応でファンタム電源、Hi-zなど基本的な部分は使用可能。

デザインがかなりかっこ良く、値段もUR22mk2などと比べて少し安いのでこちらもオススメのオーディオインターフェイスです。

付属品にはDAWのAbleton Live Liteに加えて、Kompleteというプロ仕様の定番の音源集からいくつかのシンセとエフェクトをピックアップしたものが付属。

すぐに音楽制作が始められるパッケージとなっています。

 

そしてURシリーズと同様でXLRとフォン端子を一つずつ装備した安価モデルのKOMPLETE AUDIO 1もラインナップ。

 

サウンドハウス↓

KOMPLETE AUDIO 2

KOMPLETE AUDIO 1

Amazon↓

NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETE AUDIO 2

NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETE AUDIO 1

Presonus Studio 24c

¥17,050

USBタイプcー2.0接続仕様のオーディオインターフェイスです。

こちらは人気DAW、Studio One の会社が販売しています。

24bit/192kHz対応、ファンタム電源にHi-zを使用可能。

 

そしてこれにはStudio One Artistという12,800円相当のDAWが付属し、さらにエフェクトや音源まで付くので他のものと比べてかなり充実しています。

 

サウンドハウス↓

PRESONUS (プレソナス) Studio 24c

Amazon↓

PreSonus オーディオインターフェイス Studio 24c

Presonus Audiobox iTwo

¥14,520

こちらもPresonusのオーディオインターフェイスでよりシンプルになったモデルです。

24bit/96kHz対応でファンタム電源、Hi-z使用可能で十分な性能です。

こちらにもStudio One Artistやその他エフェクトなどが付属するのでよりコスパ高い商品となっています。

 

サウンドハウス↓

PRESONUS (プレソナス) AudioBox iTwo オーディオインターフェイス

Amazon↓

PreSonus オーディオインターフェイス AudioBox iTwo [Studio One Artist 付属]

 

Roland  Rubix 22

 

¥17,050

Rolandのオーディオインターフェイスです。

比較的新しい2017年に発売されたモデルで、24bit/192kHz対応。

その他あらゆる機能が使えます。

 

堅牢でコンパクトなメタルボディでその他の操作性・視認性をみてもとても使いやすいオーディオインターフェイスです。

Ableton Live Liteが付属。

 

サウンドハウス↓

ROLAND Rubix22 USBオーディオインターフェイス

Amazon↓

ローランド USBオーディオインターフェイスRoland RUBIX-22

 

TASCAM / US-2×2

¥12,650

ちょっと変わったデザインのオーディオインターフェイスのUS-2×2です。

24bit/96kHz対応でコンボジャックが二つ、その他の機能も揃っていて使いやすいオーディオインターフェイスとなっています。

付属にDAWのCubase LEが付いてきます。

 

このオーディオインターフェイスは特に安さがポイントですね。

この値段ながらこの性能とクールで使いやすいデザインでとてもコスパがいいです。

 

サウンドハウス↓

TASCAM US-2X2-CU

Amazon↓

TASCAM USBオーディオインターフェース US-2×2-CU

 

さらに安い・高級なモデル

 

以下の記事にはさらに安いモデルについて掲載しています。

コスパ良し!安いけど高性能なDTM用オーディオインターフェイス7選

以下の記事はプロも使うような高級モデル

オーディオインターフェイス 高級・高性能モデル4選 上級者はコレ

 

終わりに

DTM機材を揃えるならサウンドハウスも視野に入れよう。安いよ

いかがでしたか?

DTMにオーディオインターフェイスは確実に必要になる機材なので検討してみてくださいね。

ちなみに価格帯が1万〜2万くらいのものはかなりコスパが良い優れたオーディオインターフェイスばかりで、音質をさらによくしたいなら次に買うのは7万〜とかになってきます。

 

なので今回紹介したものたちだけでも十分に使っていくことができますよ。