EDMのキックはどうやって再現するの?簡単な方法

 

こんにちは。

 

EDMを作りたい時に最初に困ってしまうものの一つがキックですね。

あのアタック感のある強烈なキックがどうも見当たらない。

これではEDMらしくならないので困ってしまいますよね。

 

特にEDMに適していない、LogicやCubaseをお使いの方はそのように感じてしまうかもしれません。

今回はそんなEDMのキックはどうすればいいのか紹介しましょう。

 

EDMのキックはサンプルを使え!

 

はい。

見出しで早速答えが出ていますが、EDMのためのキックはサンプルを使いましょう!

 

サンプルとは簡単に言えば、「完成された音ネタ」です。

今回のキックで言えばすでに完成されたキックがサンプルパックという形で販売されているのです。

(下にデモと関連記事をはっているのでみてね)

 

サンプルパックにはジャンルに合わせた100個以上の大量のキックやスネアなどが入っていて、そのサンプルパックを一つ買えばしばらく困りません。

なのでEDMのサンプルパックを買えば100個のEDMに使えるキックを手に入れることができるということなのです。

サンプルパックのものは本当にただ鳴らすだけでEDMのキックですよ。

 

ちなみにEDMらしくないサウンドを加工して近づけるのは無理です。

おそらくFL STUDIOはEDM向けDAWなのでそれっぽいキックが付いてくると思うのですが、それ以外のDAWだと全然EDMっぽくないと思います。

そういうのをEDMっぽく加工しようとするのは厳しいものがあります。

 

そして自分でシンセのようなソフトを手に入れてキックを作るという手段もありますが、時間と金がかかる上にクオリティもプロが作ったサンプルパックには負けます。

なのでそれは無しの方向で考えた方がいいです。サウンドクリエイターになりたければ別ですが。

 

これらに関しては私が経験者で、Cubaseユーザーのわたしがサンプルパックの存在を知った時は、

「なんてこった」

と一人で言っていました。

 

EDMプロデューサーはサンプルパックで十分です。

というかプロEDM製作者もサンプルパックを使っているので余計なことは気にしない方がいいです。

以下のサウンドはサンプルパックだけを使用したものです。デモとして聞いてみてください。

 

サンプルパックに入っているEDMらしさがすごいキックたち↓

 

どのデモもサンプルパックのものを貼り付けて鳴らしているだけですがもはやこのままEDMに使えそうです。

手に入れたくなりましたね?

サンプルパックのキックはDAWによって違いますが、サンプラーか直接オーディオトラックに貼り付けることで簡単に使用可能です。

 

あと一応ですが、DAWにも付属でサンプルが入っていたりするので確認してみるのもいいでしょう。LogicだとApple Loopsとかありますよね。

さがしたら EDMっぽいのもあるかもしれませんね。

 

さらにこちらの記事で他の楽器についても紹介しているので確認してみてください!

EDM制作に使われる楽器・サウンド全て紹介 構成を把握しておこう

サンプルパックについては以下の記事を確認してください。おすすめも掲載しています。

EDM制作にサンプルパックは欠かせない! おすすめ4つも紹介

 

キック以外も同様

 

ちなみにキック以外のスネアやハイハットなども同じで全てサンプルパックから持ってくると楽にEDM制作ができるので、それも覚えておきましょう。

まあサンプルパックを買うことができれば一通り入っているのでとりあえず買ってみることをおすすめしています。

 

「サンプルパック フリー」

などと検索すると無料でダウンロードできるものもいくらかあるのでそういうものから始めてみるのもいいでしょう。

 

サンプルパックはEDM制作に欠かせない存在で、値段もそこまで高くないものがたくさんあるので確認してみてください!

 

終わりに

 

EDMに使えるキックはサンプルパックを使用すると楽ですよ!

サンプルパック!

時間短縮にもなります。