OmnisphereとKomplete どっちを選ぶべきか?

 

こんにちは。

OmnisphereKomplete。

 

どちらを買うべきか迷っている方もいるかもしれません。

どちらもたくさんの音源を搭載したものとして知られていて価格帯も同じくらいですからね。

英語版の検索候補に「Komplete vs Omnisphere」と出てきたので、確かに意外と迷うかもということでこの記事を書くに至りました。

 

しかしこの二つは実は似て非なるもので割と大きな違いがあります。

もはや比較対象ではありません。

 

なので特徴を押さえた上でそれぞれの用途にあったものを買う必要があります。

今回はそんなOmnisphereとKompleteのどちらを選ぶべきかを紹介していきます。

私自身どちらも愛用しているのでわかりやすく説明できたらと思います。

 

ちなみにここで言うKompleteはUltimateやSelectではない、無印のKompleteです。

 

OmnisphereとKompleteの大きな違い

 

先ほども言いましたが、実はKompleteとOmnisphereには大きな違いがあります。

どちらも多数のサウンドを収録していますが……

 

結論から言うと、Omnisphereは完全に一つのシンセサイザーで、Kompleteは生楽器の音源や複数のシンセ、ドラムキットやサンプラーなどあらゆるものを含んだバンドルです。

 

Omnisphereに入っている音源は全てシンセサイザーチックで生楽器ぽさがあるサウンドはそんなにありません。

もちろん生楽器や環境音を収録したものをベースに音作りされているものもあるのですが、生楽器として使える音色ではありません。

 

対するKompleteはOmnisphereのようなシンセから完全に生楽器として使える音源などをたくさん集めてセット販売しているものなので、比べるのはおかしな話ですね。

 

つまり、Omnisphereと比較すべきはKompleteの中のMassiveだけみたいなもんです。

それぞれの中身をちょっとのぞいてその違いを体感してもらいましょう。

ここで特徴がわかるとどちらを買うべきかわかってきますよ。

 

Omnisphere

Omnisphereは完全にシンセですね。なのでMassiveと比較するのが正しいです。

この画面一つがOmnisphereです。

 

Omnisphereはただただプリセットの数が膨大なのです。

13000以上のプリセットなので圧倒的ですね。

 

その中にはシンセサウンドだけではなく、ピアノやギターのサンプルを元にしたギターっぽいサウンドやピアノっぽいサウンド、ストリングスっぽいのもあります。

 

ただサウンドを聴くとどれも純粋な生楽器の音ではなくちょっと変わった音ばかりです。

なので音の傾向としては生っぽいものではなくシンセっぽいものや、壮大な雰囲気を醸し出す音で実際に人が弾く楽器のサウンドではありません。

 

Omnisphereは大体こんな感じで、シンセなのでシンセを使ったジャンルの音楽を作る人が買うべき音源と言えますね。

なので、EDMやHiphopにも取り入れることができますし、壮大なBGMなどに使うといい感じです。EDMに関してはプリセットにはSpotLight EDMというカテゴリがあるくらいなのでそれなりに力が入っています。

また映画音楽などへの使用も想定されているので、シネマティックな壮大な音色も確かにあります。きっとKompleteのシネマティック系パーカッションと合いますよ。

 

Omnisphereの特徴

  • Omnisphereはシンセ
  • 生楽器ではない

 

Komplete

 

さて、ただのシンセのOmnisphereに対してKompleteは生楽器からシンセまで多数収録したセットです。総合音源、マルチ音源とか言いますね。

 

そんなKompleteは中身を見ればすぐにOmnisphereとの違いがわかります。

 

以下の画像はリアルなアコギサウンドを簡単に取り入れることができる、アコギの生音音源です。まあアコギの高度なサンプラーですね。

音が完全にリアルなアコギです。

 

他にはこういった↓民族楽器やその他にホルンやストリングス、ピアノ、ベースなどリアルな生楽器が多数収録されています。

そしてKompleteにはシンセも含まれています。

Omnisphereはここにあたるということですね。(規模が全然違いますが)

つまりKompleteは、

  • 生楽器からシンセまで多数収録したセット

ということなのです。

なので汎用性の高いサウンドが多く、あらゆるジャンルにKomplete音源を使用することができます。

 

いかがでしたか?

もうここまできたら皆さんの中でどちらを買うべきかだいぶ固まってきますよね。

 

用途によってどちらか選ぼう

 

いかがでしたか?

OmnisphereとKompleteは全然違うものだったんですね。

なので、もはや選ぶ基準は音質や操作性ではありません。

用途によって選びましょう。

 

なのでどちらも、という選択肢も出てきますね。

 

ではここでどんな人におすすめかを簡単に書いておきますね。

 

Omnisphere

  • 新しいシンセサイザーが欲しい人
  • 変わったサウンドを取り入れたい人
  • EDMを作る人
  • 劇伴・映画系の音楽を作りたい人

におすすめ。

シンセとしてはとんでもなく高音質で優れています。

Kompleteのどのシンセにも負けないシンセなので、シンセとし最強のものが欲しい方はこちらです。

ただ汎用性が高い生ピアノやギターなどはありません。

Omnisphere 2 レビュー 最強の音質とライブラリ

 

Komplete

  • 汎用性の高い音源をたくさん揃えたい人
  • ジャンル問わず作っている人
  • 生っぽいピアノ、ギター、ドラム、ストリングスなどのサウンドが欲しい人
  • ダブステップを作る人にもおすすめ(EDM向きではない)

におすすめです。

Komplete一つ買えばあらゆるジャンルに対応する万能音源集です。

 

こちらはEDM系は作れるサウンドはそんなに多くないですね。

どちらかと言うとシンセ類もHiphopやエレクトロニカというか割と静かなジャンルに向いています。

うるさいジャンルはMassiveというシンセがダブステップでど定番です。

まあ、新作シンセのMassive Xがでて、これは音自体はかなり高音質でEDMに使えるものなのでEDMも作れるはずです。

 

サウンドハウス↓

KOMPLETE 12

 

Omnisphere 2

 

終わりに

 

OmnisphereとKompleteは大きく違うので比較対象にはなりません。

なので用途によって選ぶか、どっちも手に入れるとDTMが充実すると思いますよ。