モニタースピーカー 小型のおすすめモデル6選 小さくても高性能でDTMに最適

 

こんにちは。

 

モニタースピーカーはDTMをやっていると欲しくなってきますが、やはりスピーカーは大きいので小型のものも視野に入れたいところですよね。

DTMに使える小型スピーカーがあるのか。

そんなわけで今回は小型モニタースピーカー特集ということで紹介していきましょう。

 

モニタースピーカーには小型でも高性能で本格的なDTMが可能なモデルや、安価でDTM入門としても最適なモデルもあります。

また小型であれば持ち運ぶことも可能で、どこでもモニタースピーカーを使ってDTMができます。

なので他に持っている方の二つ目のモニタースピーカーとして小型のものを買うのも良いですね。

 

小型といえば3〜4インチくらいのものですね。

おすすめモデル紹介の際に寸法も記載するので確認してみてください。

 

では、そんな便利な小型モニタースピーカーについて見ていきましょう!

 

小型モニタースピーカーを使うことのメリットとデメリット

 

まず簡単に小型モニタースピーカーについてのメリットとデメリットについて述べておきましょう。

 

メリット

 

小型モニタースピーカーは小型で置き場所に困らないので設置が簡単です。

5インチでも結構なサイズがあるのでデスクに置くとかなり場所をとってしまいますね。

なのでそういう時には小型モニタースピーカーはやはり便利です。

 

また小さいからか値段が安いことも多いです。

プロがよく使うようなモデルの小型版もあり、そレであれば半分くらいの値段で買うことができてコスパが良いと言えるでしょう。

 

こういったメリットがあるので小型モニタースピーカーは、

  • 場所がない人
  • 安く済ませたい人

に向いていると言えるでしょう。

 

デメリット

 

正直もう少し大きいスピーカーと比較してしまうと性能は全体的に劣ってしまいます。

なので置く場所があるなら大きいものを買った方が良いです。

小型だと特に低音が聞き取りづらいことが多いので少し気を使わなければなりません。

 

ただ狭いスペースにわざわざ大きいものを置く必要はないですし、小型のものでも本格的なものを作ることは全然可能なのでそんなに気にしなくても大丈夫です!

というか場所がないという理由はどうにもならないですしね。

 

小型モニタースピーカーおすすめモデル

 

では小型モニタースピーカーのおすすめモデルについてみていきましょう!

どれも小さくても価格以上の性能を出してくれてコスパの良いスピーカーたちです。

DTM機材を揃えるならサウンドハウスも視野に入れよう。安いよ

 

小さくても超本格的な高性能小型モニタースピーカー

 

IK MULTIMEDIA iLoud Micro Monitor

iLoud

 

小さくても本格的なサウンドを求める方におすすめなのがiLoud Micro Monitor 。

iLoud Micro Monitorの最も大きな特徴は小型ながら本格的な再生能力を持っていること。

小型モデルでは失われがちな迫力もiLoud Micro Monitorであれば問題ありません。

 

低音に関してもこのサイズでは考えられない再生能力。

またとにかくコンパクトで持ち運ぶこともでき、場所もとりません。

場所がないけど妥協したくない方にはおすすめ。

 

スピーカー単体で角度をつけることも可能で妥協のないコンパクトモニタースピーカーです。

Bluetooth接続も可能で音楽鑑賞のためにも使えます。

 

反射音、スピーカー間の時間補正を制御する先進の56ビットDSP処理に加え、バイアンプ仕様の超高効率のクラスDパワーアンプ(50W RMS)を搭載し、リニアな周波数特性、色づけのないクリアなサウンド、余裕のあるヘッドルームなどスタジオリファレンスモニターに求められる要件を狭いデスクトップでも設置可能な世界最小クラスのスピーカーで実現しました。
このアクティブタイプのスタジオリファレンスモニター、iLoud Micro
Monitorは、色づけのない極めて正確な周波数レスポンスを実現し、狭いデスクトップでの音楽制作環境や例えば移動先のホテルなど様々な環境でスタジオクオリティーのモニタリング環境を実現してくれます。

 

  • 外形寸法:180mm×135mm×90mm

 

iLoud Micro Monitor サウンドハウス

iLoud Micro Monitor Amazon

 

持ち運ぶためのバッグも公式が出しています。

iLoud Micro Monitor Travel Bag

 

Iloud バッグ

 

 

 

YAMAHA MSP3

MSP3  定番スタジオモニター ペア

(3インチ)

 

YAMAHAのMSP3です。

プロも愛用する定番モニタースピーカーMSP5の小型版です。

MSP3はDTM用スピーカーとしてほぼ絶対に名前が挙がる超定番スピーカー。

 

フラットなサウンドで多くのDTMerから愛されるコンパクトスピーカーです。

やはりサイズは小さいので低音に関しては少し気を使う必要が出てくるかもしれません。

しかし低音はヘッドホンやアナライザーでも確認できるので併用すれば全く問題ありません。

 

また静かな住宅街やアパートなど自宅であまり大きな音が出せないという方にもおすすめです。

スピーカーはある程度音量が出せる環境でないと性能が発揮できないので、音が出せなければ大きいスピーカーでもそんなに変わらないでしょう。

 

20Wのパワーアンプを内蔵したホームスタジオに最適なリファレンスモニター。リーズナブルな価格、コンパクトなサイズなながらMSP直系の高音質サウンドを実現しています。

 

  • パワードモニタースピーカー
  • 再生周波数帯域:65Hz~22kHz(-10dB)
  • 入力端子:RCAピン、XLR、フォン
  • 寸法・重量:144W×236H×167Dmm、4.4kg
  • コンパクトなサイズながらMSP直系の高音質サウンドを実現。

 

MSP3 ペア サウンドハウス

MSP3 ペア Amazon

 

その他のリンク↓

YAMAHA パワードモニタースピーカーMSP3 (1本)

 

TANNOY Reveal 402

TANNOY Reveal 402 スタジオモニター ペア

(4インチ)

 

こちらは上で紹介したものより少し大きい4インチのReveal 402。

これも小型なのにかなり本格的なサウンドで低音までバランスよくしっかり出ます。

さらに大きいYAMAHAのモニタースピーカーHS5と比べても低音が目立ちます。

 

実はモニタースピーカーとしてよりも音楽鑑賞用としての方が支持されているスピーカーでもありますので、同時に音楽鑑賞用スピーカーとしても使えますね。

ただモニタースピーカーとしてのサウンドのフラットさはしっかりとあります。

この価格ではかなりの高性能でコスパも最高なモデルです。

 

Reveal402は、伝統のTANNOYサウンドを堪能できる出力50W、5インチ・ウーハーを搭載したスタジオモニターです。3ポジションのEQコントロールで最適なセットアップも簡単。AUX LINK入力により音楽プレーヤーを直接接続することもできます。

 

  • 寸法(H x W x D):240 x 147 x 212 mm(H x W x D)

 

サウンドハウス↓

TANNOY Reveal 402 スタジオモニター ペア

Amazon↓

TANNOY アクティブ スタジオモニター スピーカー REVEAL 402 2台セット 【国内正規品】

 

ステッカー付き(Amazon)↓

TANNOY アクティブ スタジオモニター スピーカー REVEAL 402 2台セット オリジナルステッカー付 【国内正規品】

 

Presonas Eris4.5

PRESONUS Eris E4.5

(約4インチ)

DAWのStudio Oneでお馴染みのメーカーのモニタースピーカーです。

クリアでバランスが良く、各種操作機能が付いていてDTMのためのモニタースピーカーとしての基準を満たしています。

壁際に設置すると低音が増してしまう設計のスピーカーですが、それもコントロールできるようにローカットのスイッチがあります。

 

コンパクトで値段も安く、デザインもカッコいいのでこれと言った欠点はないようなスピーカーですね。

Reveal 402やMSP3より安いので特にこだわりがなければコスパの良いスピーカーです。

 

ポータブルなスタジオ・モニターをお探しの方に、ウルトラコンパクトなEris E4.5が理想的です。僅か163 x 241 x 180mmとコンパクトで、アクティブ・ユニットとパシッブ・ユニットの組み合わせにより質量もペアで5.9kgと軽量。E4.5には、25WクラスA/Bアンプを備えた4.5インチKevlar低域ドライバーと1インチ(25mm)シルクドーム・ツイーターが搭載されており、クリーンな100 dB SPL(ピーク)を生み出します。そしてミッドレンジ、HF、ハイパス、Acoustic Spaceなどの音響コントロールがフル装備されており圧倒的なバリューを誇ります。

 

サウンドハウス↓

PRESONUS Eris E4.5

Amazon↓

PreSonus プリソーナス モニタースピーカー Eris E4.5(ペア)

 

同シリーズにさらに一回り小さく、値段も安いEris 3.5もあります。

PRESONUS Eris 3.5 サウンドハウス

 

小さくて値段も安いコスパの良いモニタースピーカー

 

TASCAM VL-S3 パワードモニタースピーカー

TASCAM VL-S3 パワードモニタースピーカー サウンドハウス

(3インチ)

 

VL-s3 は8000円を切る超低価格のコンパクトモニタースピーカー。

かなり安いですが低音もしっかりと聞くことができます。やはりもっと高級なスピーカーと比較すると劣る部分も多いですが、この価格でDTM用スピーカーとしての役割を果たしてくれるので文句はないでしょう。

デザインもモニタースピーカーらしいイカした雰囲気が素敵。

 

入門用としては最安で品質も持ち合わせているのでまずDTMを手軽に始めてみたい方にはおすすめのモデルです。

このサイズなので持ち運んでDTMをするためのサブ機としてもありかもしれませんね。旅行先で本格DTMができるかも。

 

デスクトップに設置できる3インチウーハー搭載の2ウェイパワード・スタジオモニタースピーカーです。コンパクトボディで80Hz~22kHzのワイドレンジ再生能力を誇り、小音量でもクリアなモニターサウンドが可能です。

 

サウンドハウス↓

TASCAM VL-S3 パワードモニタースピーカー サウンドハウス

TASCAM VL-S3BT パワードモニタースピーカー Bluetooth対応 サウンドハウス  Bluetooth対応モデル

Amazon↓

TASCAM パワードモニタースピーカーペア 2ウェイアンプ内蔵 VL-S3

TASCAM 2ウェイパワードモニタースピーカー 3インチ ペア VL-S3BT  Bluetooth対応モデル

 

Mackie CR3

CR3 モニタースピーカー

(3インチ)

 

Mackie CR3はコンパクトで低価格でありながら高音質で低音もそれなりに聞こえるモデル。1万円前半程度では人気のモデルです。

音の定位感を捉えることができ、クセの少ないサウンドでモニタースピーカーとしての役割を果たしてくれます。

ただデザインは個人的にあまり好きではありませんね。

 

こちらも安くDTM用スピーカーを手に入れることができるコスパの良いモニタースピーカーですね。

 

パワードスタジオモニター。

パフォーマンス性の高いスピーカーユニット構成と便利なフロントパネルコントロールを採用したMackie Creative Reference マルチメディアモニタースピーカーは、仕事においても、遊びにおいても真のプロフェッショナル級のサウンドを提供するプレミアムマルチメディアモニタースピーカーです。

 

  • 寸法 高さ 208mm 幅140mm 奥行き158mm

 

Mackie CR3 ペア サウンドハウス

Mackie CR3 ペア Amazon

 

モニタースピーカーのその他の機材

 

モニタースピーカーのケーブルはどれを選ぶべき? おすすめ紹介 DTMにはモニタースピーカースタンドを使おう おすすめも紹介 すぐにわかるモニタースピーカーの選び方と使える製品6選【2019】 初心者におすすめのモニタースピーカーを紹介! コスパ最高! 貧乏に嬉しい格安DTM機材 マイクスタンド ケーブルなど

 

終わりに

 

いかがでしたか?

どれも小型で高性能なモニタースピーカーなので、ここから自分の用途や出せるお金で決めていけば想像通りのモニタースピーカーが手に入るはずです。

個人的には定番系のスピーカーはDTMに強いのでこの中ではMSP3が最もおすすめと考えています。

 

最近のモニタースピーカーはどれも性能が上がっていてハズレはないと思いますよ!

Amazonやサウンドハウスのレビューには様々な人が使ったレビューがあるのでそちらも確認してみてください。