Spire シンセレビュー! EDMに使える高音質シンセ

 

こんにちは。

今回はReveal Sound から販売されているソフトシンセであるSpireについて紹介します。

このメーカーはなにか、謎に包まれたメーカーのようでロシアかどっかの会社らしいですね。

公式サイトが重たいです。

 

Spireは数あるソフトシンセの中でも有名で定番とされるものの一つですね。

私は割とお気に入りのシンセです。

EDMを作る上では最適でかなり活躍するシンセかと思います。

今回はそんなReveal Sound Spire について紹介・レビューしていきます!

 

サウンドハウス↓

Reveal Sound Spire サウンドハウス

Reveal Sound公式サイト↓

https://www.reveal-sound.com/plug-ins/spire

最安のサイト↓

VST Plugins, Synth Presets, Effects, Virtual Instruments, Music Plugins from Pluginboutique

※Spire値下げ詳しくはこちら

Spireとは

 

SpireはReveal Sound から販売されているシンセサイザーで割と後発のシンセサイザーです。

SpireはMassiveやNexus、Sylenthと比べると新しい部類に入るかと思います。

 

こちらがデモ動画ですが、、

すごいカッコいいですよね!

EDMを作りたい方はこれを聴いただけで欲しくなってしまうでしょう。

 

これらのサウンドがプリセットに入っているのです。

私はこれで欲しくなってしまいましたw

Spireはかなり豊かな音作りができそうな印象で操作性もシンプルでわかりやすいです。

 

デモのように派手なSupersawのリードだったり汎用性の高いPluckサウンドも作れますし、Future Houseのような鉄のような響きを持つサウンドも作れます。

かなりわかりやすくてシンプルなデザインですね。

Spireの特徴

・ハードウェア・シンセサイザーの良さをソフトウェアに凝縮
・4つのオシレーターを搭載し、波形のモーフィングも可能
・各オシレーターに9つのユニゾン・ボイスを搭載し、ユニークなサウンドを生成
・アナログ・タイプとデジタル・タイプを備えた、2つのマルチモード・フィルター
・高品質なビルトインFXプロセッサー:Shaper/Decimator, Phaser/Vowel, Chorus/Flanger, Delay, Reverb
・フレキシブルなモジュレーション
・2つのステッパー / アルペジエイター
・ファットなサウンドの決め手となる、マルチバンド・コンプレッサーと3バンドEQを搭載

Spireの感想

 

Spireのサウンド

 

Spireをしばらく使ってみましたがサウンドの方向性としては様々なジャンルに対応できそうな印象でした。アナログっぽさもある幅広い音作りができそう。

Popsにも馴染むようなサウンドです。

オールラウンダーですね。

私はEDMしか作っていませんが。

 

まあその中でもAviciiっぽい優しい感じのサウンドやFuture Houseのようなガツンとしたサウンドも作れるな〜という印象です。

デモの感じだとダブステップに使える音も作れそうですね。

プリセットはEDM系のものがたくさん入っていてそれらを選択するだけでEDMに必要なかっこいいサウンドを加えることができます。EDMのために作られている気がする音ですね。

簡単にEDMっぽいサウンドを加えることができるのでEDMを作りたい方は最初のシンセとしてもいいのではないでしょうか。

 

操作もSerumやMassiveなんかと比べるとかなり簡単でわかりやすい印象です。

そのためプリセットからすぐにイメージに近づけるという使い方もしやすいのではないでしょうか。

単純な音質というかはNexusと同等くらいかな〜という印象です。

NexusのEXPANSIONは高音質で私自身かなり使っていますがSpireもそれに負けない音質ですね。

 

Omnisphereと比べると少し劣るかな〜。

とはいっても使えるサウンド(プリセット)を搭載していて高音質という点は変わらないでしょうがね。

元から入っているサウンドを聴いているだけでも曲のアイデアが浮かぶような嬉しいサウンドを備えています。

世界の有名EDMプロデューサーからも支持されるシンセなのでその実力が伺えるサウンドです。

 

Spireの素晴らしい操作性

 

私が個人的にSpireで一番嬉しかったのがわかりやすいことです。

以下の画像でわかりやすさを確認してみてください。

f:id:REMINGTER:20190724010849p:plain

いかがですか?Spireはこれだけなのです。

主要なパラメータは全て一画面に表示されていてかなり扱いやすい操作性です。

ちょっと昔のスタイル?というかハードウェアシンセを再現したような、THE シンセって感じの見た目で私にとってもわかりやすかったです。

 

私は基本的に音を作るときはプリセットからイメージに近いものを探して加工するという方法でやっていますが、その際も簡単な操作でイメージ通りの音にすることができますね。

簡単操作で欲しい音に近づけるのはありがたいものです。

内蔵エフェクトも変に選択肢が多くなく良い効き方で扱いやすいです。

 

EQとコンプのセクションなんかとんでもなくわかりやすいですよね。

そしてオシレーターの横の横にあるWideというパラメータを使えば簡単に音を広げてくれたりもします。

 

この画面の三角の向きに従って音作りして行けば完璧なのでわかりやすいですね。

またエンヴェロープやオシレーターなど複数の設定をするところではコピー&ペーストのボタンがありとても役にたちます。

似たような設定で音を重ねたい時にこれだけの操作で行えるのは楽です。

f:id:REMINGTER:20190724011203j:plain

メニューのところからはUNDO(操作取り消し)も選択できて本当に操作性に関してはSpireは大好きです。

シンセをいじってるな〜という感覚でシンセが好きになってきます。

Native Instruments MassiveやReaktorはかなりわかりづらい印象なので。

 

こんな感じでシンセとしてかなり扱い安いものかと思います。

 

Spireの重さ

 

Spireは個人的にちょっと重たいと感じています。

普通に他のものでリズムや伴奏などをつけた後に、

Spireをリードのパートなどのために三つか四つ立ち上げて重ねたノート(レイヤー)で再生すると私のパソコンではキツくなってしまいますね。

特にコードを鳴らすとやばいです。

 

(参考までに私のPCスペック:メモリ16GB、Core i7)

使いたいシンセではあるんですがちょっと重たいです。

 

NexusやSylenthを使っている方にとっては重たく感じるかもしれません。

 

Spireの追加プリセットが強い

 

Spireは公式サイトで追加の有料プリセットを販売しています。

個人的に最初のプリセットで物足りなかったので二つほど買い足してみましたが、かなり良いクオリティで買ってよかったと思える内容でした。

先ほど書いた通り少し重かったので最初はあまり使わずにNexusばかり使っていましたが追加プリセットを 買ったことで出番が増えました。

 

参考 Spireの追加プリセットReveal sound

 

他にもPlugin boutiqueやSpliceでのプリセットもかなり充実しています。

VST Plugins, Synth Presets, Effects, Virtual Instruments, Music Plugins from Pluginboutique

 

Spireはサウンドハウスで買えるのが良い

 

私はたまたまサウンドハウスのポイントが失効間近だったのでちょうどよかったですねw

あと海外サイトを経由して購入しなければならないシンセではクレジットカードが必要だったりするのでサウンドハウスで買えるのはありがたいことかもしれませんね。

学生でも買いやすいですよね。

Reveal Sound Spire サウンドハウス

Reveal Sound Spire サウンドハウス

Spireは一つ目のシンセとしてオススメかもしれない

 

ここまでSpireについて買いてきましたが、、

個人的にSpireは最初の有料シンセとして素晴らしい活躍をしてくれるのではないかと思いました。

個人的にですが。

比べるとしたらNexus、Serumなどがシンセとしては有名な印象ですが、Nexusはエディットに限界があるのでお金をかけていくことが前提になってしまいますし、Serumはわかりにくいとい評価もありDubstepのような恐ろしい音に向いていると言われています。

なのでその点オールラウンダーでプリセットもしっかりしているSpireはとりあえず持っていれば様々な用途に使えるのではないでしょうか。

 

メインはEDMかと思いますが。

また初心者にもオススメかと思います。

Spireであればプリセットを選択するだけでもいい音が出せますし、そこから簡単操作でイメージに近づくこともできます。

シンセを扱う場合は最初にAttack、Decay、Sustain、Releaseとかのツマミから学びますよね?シンセ共通ですし。

これらをちょっと学べばシンセをよく知らない初心者でもSpireは使えると思うのです

 

Spireのプリセットはクオリティが高いのでこの「ADSR 」さえ学べばプリセットを選んでイメージに近づけるという扱い方ができるという感じで。

またこれらの操作の後に応用としてのさまざまな操作もSpireのわかりやすさであれば楽しく学べるのではないでしょうか。

 

エフェクトやフィルター、ユニゾン、デチューンなどのシンセでよく使うものたちは全て一画面に表示されていますし。

私は最初Massiveを使いましたがチュートリアルなしではあれは使えませんでした。

わかりにくくて。

その点Spireはよくあるシンセっぽい操作なので扱いやすい気がします。

こんな感じでSpireは初心者にも最初の一つにもオススメです。

 

サウンドもアナログ感あるリードサウンドも作れます。

(まあジャンルがあっていればのはなしですが)

 

さらにSpireのプリセットがSpliceでも多数販売されているので困った時はそちらを確認して取り入れるのもいいですね!

※Spire値下げ詳しくはこちら

終わりに

 

いかがでしょう?

Spireは私としてもかなりおすすめだと思うシンセなので検討してみてはいかがでしょうか?

ダブステップが作りたいとかそういう場合はSerumとかMassiveの方がいいのかもしれませんが、 EDMに関してはSpireは素晴らしい活躍をしてくれますよ。

買って損することはないかと……

 

サウンドハウス↓

Reveal Sound Spire サウンドハウス

Reveal Sound公式サイト↓

Reveal Sound Spire

EDM にはこれを使え! ソフトシンセランキング【2019】 Avenger シンセ レビュー EDMに最適な高音質シンセ