DTMには外付けSSDを使え 容量が足りない時に安いSSD

 

サングラス大佐

ストレージに空きがない。どうにかならんかな〜

 

こんにちは。

DTMをやっている方は誰もが通る道だと思うのですが、プラグインエフェクトや音源を買い足していくとすぐにパソコンの容量が足りなくなってしまいますよね。

Kompleteバンドルはみんな買いますがこれだけで200GBくらい使いますし、有名なシンセのオムニスフィアも80GBくらい使います。そうなると容量が500GBくらいのパソコンを持ったとしてもすぐに窮屈になってきます。

 

あとパソコンをこれから買うという方も不安になるかと思います。

特にMacは多くのモデルが後からカスタマイズできないので容量選びには慎重になることでしょう。

 

まあそんな方達に朗報ってほどでもないんですが、つい最近私自身が追加のSSDを購入して実際に使用できているのでオススメですよーっていう話です。

重たい音源などを外付けSSDに移せます。

先ほど紹介したKompleteやオムニスフィアは外付けに移動することもできるのでとても便利になりました。

私はMacユーザーなので今回は内蔵型の話ではなくUSB接続の外付けのポータブルSSDの話になります。

 

SSDを使うメリット

 

こんな記事にたどり着く方に説明は不要だと思うんですが、現在パソコンのデータの格納庫として使える記憶装置はHDDとSSDの二種類がありますね。

そしてSSDの方が書き込み・読み込みが早く、寿命も長く丈夫だというメリットがあります。しかしHDDと比べて高価です。

 

対するHDDは先に挙げた部分では劣っているのですが、SSDと比べて安く容量もTB単位で販売されていて多くのデータが保存できます。

で、DTMにおいてどちらがいいかと言えば圧倒的にSSDがオススメです。

DTMではただでさえ重たい作業をするのでできるだけ動作は早い方がいいですし、SSDより脆いHDDでは不安が残りますね。

HDDは数ヶ月で壊れるというレビューも多いのでDTMでそうなると大変なことになります。

 

まあ私自身はパソコンに関してはそんなに詳しくないのであまり説明できないんですが、お金があればSSDの方がいいのではと考えています。

ということで今回SSDを導入しました。

 

あれ?SSD安くない???

 

つい最近PCの容量が足りなくなってしまったのでSSDの値段を調べたら思ったより安かったんですよね。

なので買ってしまいました。

というのはセールをやっていたためNative Instruments のSession Strings Pro2を購入したところ、空き容量を90GB作らなきゃダウンロードできないよと言われてしまい悲しいことに当日にダウンロードできなかったんですね。

 

DTM用パソコンを貧乏な学生時代に自腹で500GBって結構頑張ってカスタマイズして買ったのにすぐなくなってしまいました。

なので仕方なく前から気になっていたSSDをアマゾネスさんで見ることに。

すると、

ポータブルSSD1TBが13000円!?

安い!!!

私の記憶では一年前はSSD1TBなんて2万円以上するもんだと思っていましたが、随分安い製品もあったんですね。

 

しかも新しいモデルのやつが。昔の私の見逃しの可能性もありますが。

ということで即刻ポチりました。

私が実際に購入して現在Kompleteのライブラリを移動させて使っているのがこちら。↓↓

BUFFALO 耐衝撃・コネクター保護機構・日本製 USB3.1(Gen1) 対応 ポータブルSSD 1TB SSD-PG1.0U3-B/NL 【PS4 メーカー動作確認済】

ちなみにこのモデルは120GB(約3400円)240GB(約4500円)、480GB(約7000円)、1TBまであるようです。

割と安心のバッファローなので疑わずに購入しちゃいましたが、カスタマーレビューもとてもいい感じでした。

HDDの方はすぐに壊れるとかそんな感じのレビューも多かったんですがこちらはそういったレビューはほとんど無い印象です。さすがSSD。

 

ただ外装はちょっと弱そうなので落としたらすぐに壊れてしまうでしょう。

ケースかなんかもあればいいですね。

この製品は本当にふつーに使えます。

セットアップも簡単でデータの移行も早い印象でした。さすがSSD。

f:id:REMINGTER:20190627144530p:plain
ちゃんと認識されます。

こんな感じでしっかりデータの移行ができました。

快適快適。

参考までに:180GBほどのデータの書き込みが30分ほど。

 

 オススメの外付けSSD

 

実際に使ったわけではないものも掲載しますが、私が先ほど紹介したものと同様に利用できるだろうと判断した製品たちです。

これらを参考に比較してみてください。

 

1.サンディスク エクストリームポータブルSSD 500GB

 

こちらは先ほど紹介したものと比べ値段が高いのですが、みての通りとっても丈夫です。持ち運ぶことが多いという方にはおすすめの製品です。

SanDisk サンディスク エクストリーム ポータブル SSD 500GB USB3.1 Gen2対応 防滴 耐振 耐衝撃SDSSDE60-500G-J25 3年保証【PlayStation4 メーカー動作確認済】

B07B6HNFB2

2.I-O DATA ポータブルSSD  耐衝撃  

 

かっこいい形状のSSDです。こちらも頑丈な作りになっているようで960GBモデルも比較的安めです。

I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E

B07R1W3RGZ

 3.BUFFALO 耐衝撃・コネクター保護機構・日本製 USB3.1(Gen1) 対応 ポータブルSSD 1TB SSD-PG1.0U3-B/NL 

 

こいつが先ほど紹介した私自身が使用しているモデルです。かなりスタンダードな見た目で使用感も普通です。

でもそれがいいのかもしれませんね。

ほかの製品と比べるとおそらく外装が脆いです。

BUFFALO 耐衝撃・コネクター保護機構・日本製 USB3.1(Gen1) 対応 ポータブルSSD 1TB SSD-PG1.0U3-B/NL 【PS4 メーカー動作確認済】

 4.Samsung 外付けSSD T5 1TB USB3.1 Gen2対応

 

こちらはデザインもかっこいい外付けSSDです。

少し高いですがレビューを見る限り速度も安定していて丈夫な優れた商品です。

https://amzn.to/2xcP0q4

 終わりに

 

いかがでしょうか。

容量の問題はDTMにつきものですからね〜。

容量不足に悩む方やこれからパソコンを買うという方、1万円ちょっとでとりあえず解決できますので気になった方は試してみてはどうでしょうか。

SSDやすくなったね。

サングラス大佐

 

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です