KOMPLETEセール開始!

DTM リアルで簡単なアコギ音源を使いたいならKOMPLETE系がおすすめ

 

こんにちは。

DTMをやっていると一つ問題になるのがアコースティックギター。

これはDAW付属の音源などでは生楽器のような雰囲気を出すのは大変ですし、打ち込むにもソロならなんとかなるかもしれませんがコード弾きを再現する場合はかなり面倒です。

 

そこでKOMPLETEに入っているアコギ音源を使うことで簡単に解決できるかもしれません。

たとえギターが弾けなくても一瞬でギターサウンドを使用できます。

 

KOMPLETEに入っているアコギ音源

 

今回紹介する、KOMPLETEに入っているアコギ音源はサンプリング音源です。

なのでDAWに立ち上げ、MIDIキーボードで一つの鍵盤を押すだけでリアルなアコギサウンドを再現できます。(KONTAKTというサンプラーをダウンロード)

 

サウンドは↓のような感じ。

打ち込んだのはこれだけ

 

これだけでリアルなサウンドが出ます。ギターについてよく知らなくても簡単ですね。

 

KOMPLETE系アコギ音源は複数の種類があり、

  • Strummed Acoustic
  • Strummed Acoustic 2

というコード演奏をしてくれるシリーズと、2019年に出てきたこれからKOMPLETEに収録される可能性があるPicked Acousticというアコギ音源があります。

Picked Acousticは指やピックによるアルペジオ的フレーズやメロディも使えます。

 

これらを使えば簡単に曲にアコギを取り入れることができますよ。

それでは個別に簡単にみていきましょう。

 

Strummed Acoustic&Strummed Acoustic 2

どちらも¥13,400

 

Strummed Acousticの名前の通り、これらはギターのストラミング(コードをジャカジャカ弾くやつ)を簡単に再現できる音源です。

たくさんの演奏パターンが収録されており、曲中でパターン・リズムを変えていくこともでき、アコギのコード弾きを圧倒的に簡単に再現できます。

 

サンプラーみたいなものなので音もアコギそのまま。(先ほど最初にちょっと紹介した音はStrummed Acousticのものです)

たくさんのパターンを収録

 

またフィンガリングノイズ(指が弦に擦れる音)を混ぜることも非常に簡単で、リアルな雰囲気を演出できます。内蔵エフェクトもシンプル。

 

 

ただこれのダメなポイントとしては自由度が低いことですね。

コード伴奏をパターン指定して行うだけなのでソロなどはもちろん無理です。

 

コード伴奏にしても自分がイメージしたパターンがない場合はダメですね。

(まあ十分にパターンはあると思いますが)

しかしキースイッチといってピアノロールのC1からG1あたりまで奏法パターンを割り当てることができるので、これを細かく変化させれば様々なパターンを組み合わせて新たな雰囲気を作ることもできます。

 

Strummed Acoustic 2は12弦のギターも収録。

もしどちらかを個別で買うのであれば2の方がシステム的にも進化しているのでおすすめです。

 

下記公式ページに行くことでデモを聞くことができます。

Strummed Acoustic

Strummed Acoustic 2 

 

Picked Acoustic

¥13,400

 

こちらは2019年に出たばかりの最新のアコギ音源。

なのでKOMPLETEにはまだ入っていませんがいずれ入りそうですし、使えるので紹介しておきます。

 

使い方などは上のStrummed Acousticとそんなに変わりませんが、こちらは指やピックによるアルペジオやメロディの演奏パターンが収録されています。

 

自由度はやはり低いですが、多数のパターンが収録されているので完全にアコギだけの曲でない限りかなり使いやすいと思います。

Strummed Acousticとセットで使えればもうアコギメインの曲は作れてしまいそうですね。

またPicked Acousticにはストラムパターンも収録されているようなので、これだけでもなんとかなりそうです。

 

Picked Acoustic

 

KOMPLETE系のアコギ使用するメリット

 

どれも簡単な操作でとてもリアルなサウンドを再現できるので、とにかく手間がかからないということはポイントになってきますね。

一つの鍵盤を押すだけでもコードがいい感じになります。

 

そして音質に関してもやはりサンプリング音源なので普通に良い。

これらのサウンドの傾向を気に入れば簡単に高品質なサウンドを曲に取り入れることができます。

 

ただやはり自由度が低いことはデメリットになってきますね。

自分の好きなパターンを見つけることができなければ、いくら音が良くてもなんとなく納得いかないでしょう。特にソロではそうなりそうです。

 

しかし十分すぎるほどのパターンはあるので、ギターが弾けない人が簡単にギターを取り入れることができるというのはいいですね。

ギターを弾けない場合はパターンをイメージすることも難しいので、むしろサンプルを選ぶ感覚で楽に使えるでしょう。

 

メリット

  • 簡単にアコースティックギターを取り入れることができる
  • 高音質なアコギサウンドを一瞬で再現
  • 豊富な演奏パターンを使える

 

どのKOMPLETEに収録されている?

 

  • 無印のKOMPLETEStrummed Acoustic
  • KOMPLETE ULTIMATE以上Strummed AcousticStrummed Acoustic2

今のところこの通りです。

Picked Acousticは2019年10月あたりに発売したばかりなのでまだ情報がないのですが、新バージョンのKOMPLETEが出た時には収録される可能性はあるでしょう。

同じような音源のエレキギターバージョンがすぐにULTIMATEに収録されたのを見ると、こちらもそのうちKOMPLETE ULTIMATEには収録されるのではないでしょうか。

(KOMPLETEインストゥルメントと書いてありましたし)

 

KOMPLETE 12 サウンドハウス

KOMPLETE 12 ULTIMATE サウンドハウス

 

安く手に入れる方法

 

1.KOMPLETEを買う

今回のアコギ音源はKOMPLETEに収録されているものであれば、他の音源とセットでかなり安く手に入れることができます。(単体で買うこともできます。)

アコギだけでなく様々な音源を入手できるので、KOMPLETEを買うというのはいい選択肢でしょう。値段は高くなりますが、他にも優れた音源をたくさん手に入れることができるのでお得ではあります。

(KOMPLETEは音源バンドルのこと)

2.セールを狙う

KOMPLETEは6月1〜7月(夏)と11月のブラックフライデーにセールをやっていることが多いのでこの時期に買うと安いです。

ただちょっと気をつけなければいけないポイントもあるので、詳しく知りたい方は以下の記事をご確認ください。

KOMPLETE セールの時期はいつ?安く買う方法も紹介!

 

そして個別で買う場合でも同時期に半額セールをやっていることが多いので、それを狙って買えば個別でも安く済むでしょう。

他の音源がいらないのにKOMPLETEで全部揃えようとすると高いので、今回のアコギ音源だけを求める方は個別で買ってみるのもいいですね。

 

終わりに

 

いかがでしたか?

今回の三つのアコギ音源を使用できれば、特にソロなどにこだわる方でなければもうアコギに関しては十分な感じがしますね。

ただソロにこだわる方はすでに弾けそうなものですが、、

 

初心者やギターが弾けない方が一瞬でアコギサウンドを使えるようになるというのが大きなポイントですね!