モニタースピーカー 安いけどしっかり使えるおすすめモデル5選!

 

こんにちは。

 

今回は安いけどしっかりと使えるモニタースピーカーということでおすすめモデルを紹介しましょう!

モニタースピーカーは定番のものだと2〜5万円と普通に贅沢な価格のものが多く、さらに高級なものもたくさんあるので学生の方や軽くやりたい方は迷ってしまいますよね。

ということで今回はそんな方に使える安くて使えるモニタースピーカーを紹介していきます。

 

どれも一万円前後ですがしっかり使えるモニタースピーカーたちです。

 

安いモニタースピーカーの特徴

 

一応考えておかなければいけない、比較的安いモニタースピーカーの特徴がいくつかあります。

それらを踏まえて安めのモニタースピーカーを選んでいきましょう。

 

比較的安めのモニタースピーカーの特徴は大きく二つあります。

  • 小型
  • サウンドが高価なものより味付けがある

以上の二つです。

まあ解像度が劣るということはもちろんありますが、値段差もありますしDTMでは使用できる範囲内かと思います。

しかし個人的により決定的な部分が上の2つです。

 

まず、やはり安めのモニタースピーカーを選ぶのであれば小型のものがメインになります。

小型とは言っても3インチという大きさで、定番モニターとして人気のMSP3と同様なので問題があるわけではありません。

 

しかし小型だと接続可能な端子が少なかったり広い部屋の方であればどちらかと言うともう一回り大きいものが理想のサイズなのでそのサイズを選ぶことはできません。

安めのモニタースピーカーにするのであれば、小型のものになるということを押さえておきましょう。(DTMをするには問題ないですが)

また本格的にやるなら高さ調節も必要になるのでスタンドの使用なども考えましょう。

DTMにはモニタースピーカースタンドを使おう おすすめも紹介 モニタースピーカー セッティング方法 置き方をわかりやすく解説

 

そしてサウンドに味付けがあると言うのは、音のフラットさで高価なものに劣るということです。

 

DTM用のモニタースピーカーに必要なのは聞いていて気持ちのいい音ではありません。

全ての音域がしっかり平等に聞こえるフラットな再生能力が求められているのです。

安めのスピーカーだと、傾向の一つとしてあるのが低音が少し盛られたように聞こえることですね。

 

しかし安いとは言え、モニタースピーカーならモニタースピーカーとしてセッティングされた音質でフラットさはしっかりと持っているので腕前次第では本格的なものが作れます。

逆に低音が聞けるとか観賞用でも楽しいというメリットと考えることもできるので、そこはそれぞれの目的に合わせればいいですね。

(一般的にフラットな音質のスピーカーは鑑賞用としてはつまらない音と言われています。)

 

これらの特徴をもっていても構わないのであれば安めのモニタースピーカーでも問題ありません。

しっかりとDTMすることができますよ。

一応言っておくとすれば、慣れてきたときにアップグレードしたくなるので全体的にみてコストが高くなります。

しかし今すぐ、とりあえずやりたいのであれば今回紹介するものは強い味方になるでしょう。

初心者におすすめのモニタースピーカーを紹介! コスパ最高!

 

安いモニタースピーカー オススメモデル 5選

 

1.TASCAM VL-S3 パワードモニタースピーカー

TASCAM VL-S3 パワードモニタースピーカー サウンドハウス

(3インチ)

¥7,865

 

8000円を切る低価格でありながら低音までしっかりと聞こえる優れた再生能力を持っていてコスパ抜群のモニタースピーカーです。

またコンパクトで場所を選びません。デザインもモニタースピーカーらしい雰囲気が素敵。

 

入門用としては最安で品質も持ち合わせているのでまずDTMを手軽に始めてみたい方にはおすすめのモデルです。

そしてこちらにはブルートゥース対応モデルもあり、モニタースピーカー以外にも活躍します。

 

デスクトップに設置できる3インチウーハー搭載の2ウェイパワード・スタジオモニタースピーカーです。コンパクトボディで80Hz~22kHzのワイドレンジ再生能力を誇り、小音量でもクリアなモニターサウンドが可能です。

 

サウンドハウス↓

TASCAM VL-S3 パワードモニタースピーカー サウンドハウス

TASCAM VL-S3BT パワードモニタースピーカー Bluetooth対応 サウンドハウス  Bluetooth対応モデル

Amazon↓

TASCAM パワードモニタースピーカーペア 2ウェイアンプ内蔵 VL-S3

TASCAM 2ウェイパワードモニタースピーカー 3インチ ペア VL-S3BT  Bluetooth対応モデル

 

・周波数特性:80Hz~22kHz
・入力端子:RCAピンジャック(ステレオ)、3.5mm(1/8″)ステレオミニジャック
・外形寸法:110 (W)×170(H)×138(D) mm
・付属品:専用ACアダプター(PS-P1524E)、左右ユニット接続用スピーカーケーブル(1.5m)、RCA-ホンプラグ変換ケーブル(1.5m)、取扱説明書(保証書付)
・ペア

 

 

 2.Mackie CR3

CR3 モニタースピーカー

(3インチ)

¥12,320

 

Mackie CR3はコンパクトで低価格でありながら高音質で低音もそれなりに聞こえるモニタースピーカーです。1万円前半程度のものの中ではかなり人気のモニタースピーカーですね。

音の定位感を捉えることができ、クセの少ないサウンドでモニタースピーカーとしての役割を果たしてくれます。

 

またRCAピンとフォン端子対応、付属ケーブルも付いてくるので便利です。

さらに低音の増幅を防ぐとともに高さの調節が可能なアイソレーションパッドも付属し、付属品も充実したモニタースピーカーです。

 

前面にボリュームコントロールノブがあり、電源を入れると光るというおしゃれな仕様です。

緑ってのが個人的に微妙ですが。

 

Mackie CR3 ペア サウンドハウス

Mackie CR3 ペア Amazon

 

パワードスタジオモニター。

パフォーマンス性の高いスピーカーユニット構成と便利なフロントパネルコントロールを採用したMackie Creative Reference マルチメディアモニタースピーカーは、仕事においても、遊びにおいても真のプロフェッショナル級のサウンドを提供するプレミアムマルチメディアモニタースピーカーです。

 

  • 寸法 高さ 208mm 幅140mm 奥行き158mm
  • コンピューター音声出力からの接続に便利なステレオミニ⇔ステレオRCAケーブル
  • スマートホンやミュージックプレーヤーなどの接続に便利なステレオミニ⇔ステレオミニケーブル

 

 

3. FOSTEX PM0.3H

Fostex PM0.3H(B) Black サウンドハウス

(3インチ)

¥12,100

 

PM0.3Hも低価格でコンパクトながら低音がしっかり聞こえ、解像度高いサウンドを再生してくれます。

また高音の再生能力もこの価格帯では強く、全体的にフラットな特性を実現しています。

こいつもコスパの良いスピーカーです。デザインもシンプルでカッコいいですね。

 

他にも「H」がないPM0.3という少し安いモデルがありますが、こちらはハイレゾ非対応で高音がPM0.3Hより出ないという仕様です。とくに理由がなければH付きの方がいいですね。

 

PM0.3H ブラック↓↓

Fostex PM0.3H(B) Black サウンドハウス

FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3 H(B) Amazon

PM0.3Hホワイト↓↓

Fostex PM0.3H(W) White サウンドハウス

 

・再生周波数帯域:110Hz~40kHz

・外形寸法 :100(W)×185(H)×130(D) mm
付属品:ACアダプター、スピーカーケーブル(1.5m)、ステレオミニ-RCA×2ケーブル(1.5m)

 

 

4.PRESONUS Eris E3.5 モニタースピーカー

 

¥14,080

 

こちらは有名DAWの、Studio Oneのメーカーのモニタースピーカー、Erisの小型サイズです。

デザインも良く、サウンドも高音質。再生可能周波数もこのサイズと値段では十分な音域です。音響コントロールノブで設置場所が悪くても低域・広域のコントロールが可能。

 

この価格帯ではかなりコスパの良いモニタースピーカーです。

TRSフォン端子による接続も可能でノイズの少ないバランス接続ができます。

今回紹介しているものの中でもモニタースピーカーとしては一番安定している印象です。

 

有名なメーカーなので安心感もありますね。

Studio One使用者の方はこれもいいかもしれません。

 

サウンドハウス↓

PRESONUS Eris 3.5 サウンドハウス

Amazon↓

PreSonus プリソーナス モニタースピーカー Eris E3.5 (ペア) 【正規品】

 

■豊富な入出力端子を搭載
3つの異なるタイプのオーディオ入力で、DJミキサー、オーディオインターフェース、iPhone等のスマートフォン、メディアプレーヤー等、ほぼすべてのラインレベルのソースをErisモニターで簡単に鳴らすことができます。さらにフロントパネルには、イヤフォン用1/8インチステレオ端子を搭載。

Eris E3.5モニターは、高周波および低周波のコントロール・ノブによって音響の調整を行うことが可能。フロントパネルにはボリューム・ノブを搭載。

・周波数特性:80Hz – 20kHz
・入力端子:1/4″ TRS 2系統、RCA 2系統
・AUX入力:1/8″ステレオ
・寸法:W141xH210xD162 mm
・重量:2.9kg(ステレオ・セット)

 

 

5.SAMSON MediaOne M30 スタジオモニター

 

3インチ

¥8,778

 

9千円を切る低価格ながら本格的な低音と迫力を体感できるモニタースピーカーです。

このサイズながら低音の再生能力が高く、しっかりモニタリングが可能。

 

この低音もあってか映画鑑賞や普通の音楽鑑賞でも楽しめるスピーカーです。

周波数特性だけでみたら驚きの低音です。

(実際に聞くと小型なのでそこまで前に来る低音ではないかと思いますが)

 

サウンドハウス↓

SAMSON MediaOne M30 スタジオモニター

Amazon↓

 

・アンプ出力: 2 x 10W
・周波数特性: 50Hz-20kHz -2dB

・サイズ: 127mm x 147mm x 190mm
・重量: 2.95kg

・ステレオペア(アクティブスピーカー1台、パッシブスピーカー1台)

・優れた低音レスポンス
・低音ブーストスイッチ
・ステレオRCA入力
・ステレオ1/8インチのサブおよびヘッドフォン出力
・スピーカーケーブル付属

 

今回紹介したモニタースピーカーで注意して欲しいこと

 

いかがでしたか?

興味の湧くスピーカーはありましたでしょうか。

ここで一点注意点を語っておきます。

 

一応ですが、モニタースピーカーのケーブルには注意してください。

これらには付属のケーブルが付いてくることが多いですが、それがお手持ちのオーディオインターフェースと一致しているかはわかりません。

 

自分のものと照らし合わせて接続可能か確認しましょう。

もしダメそうなら変換ケーブルはサウンドハウスで多数販売しているので、

「RCA-フォン」や単純に「RCA-RCA」というものがあるのでそういった検索ワードで出てきます。

 

一応関連ケーブルを下に掲載しますが、これらはあくまで一例なので長さや種類などそれぞれ判断してみてください。

一応もう一度書きますが、これらはケーブルが付属することが多いので、メーカーサイトや商品ページの確認を忘れずに。ケーブルを買うときはそれらが使えないときです。

 

それぞれのスピーカーの製品ページに行くと裏面の画像なども確認できますので、興味があるスピーカーがあれば確認して自分の環境と照らし合わせてみてください!

 

ケーブルの例↓

RCA-フォン

CLASSIC PRO DPR020

audio technica (オーディオテクニカ) AT581A 1.5m

 

RCAーRCA

CLASSIC PRO CRR010 (シングル 2本必要)

CLASSIC PRO (クラシックプロ) DRR020 デュアル

 

CANARE (カナレ)RC018  (シングル)
 (2本必要)

 

終わりに

 

いかがでしたか?

安くてもそれなりに使えるモニタースピーカーたちでした。

これらを使えばしばらく使用できますし、そのうちお金が溜まったらグレードアップしてもいいですね。

 

全体的に小型で低音もしっかりでるやつらなので、新しいモニタースピーカーを買ったとしても音楽や映画の観賞用として活躍してくれるはずです。

一つ目に安いモニタースピーカーを探しているなら検討してみてください!

すぐにわかるモニタースピーカーの選び方と使える製品6選【2019】 モニタースピーカーにインシュレーターを使え! おすすめも紹介