KOMPLETEセール開始!12/9まで

モニタースピーカーのケーブルはどれを選ぶべき? おすすめ紹介

 

モニタースピーカーを購入する際に同時に購入しなければならないのがケーブルです。

 

モニタースピーカーとオーディオインターフェースを繋ぐケーブルは基本的に付いてこないので自分で別途購入しなければなりません。

しかし結構選択肢があって迷うかと思いますのでこの記事で簡単におすすめモデルを紹介しておきましょう。

選び方も簡単に紹介しておきます。

 

モニタースピーカーのためのケーブル選び

 

まず自分のスピーカーの情報を確認

 

モニタースピーカーのケーブルを選ぶ際はまず自分のモニタースピーカーの接続可能な端子を確認しましょう。

 

大体接続可能なのが、

  • XLRタイプ
  • フォーン
  • RCAピン

の全てか一部となっています。

これらの名前を見つけてみなさんが選んだモニタースピーカーに接続可能か確認してみてください。

 

スピーカーの詳細情報などが書いてあるページでは大体、

■入力端子:XLR/PHONE(バランス)

のような記載があるのでこれを確認すればわかります。XLRやPHONE(バランス)やRCAピンと書いていればこの記事で紹介するケーブルで接続できます。

 

できればバランス接続にしよう

 

モニタースピーカーの接続方式にはバランス接続とアンバランス接続があります。

バランス接続の方がノイズもなくモニタースピーカーの接続に最適なので特に条件がなければバランス接続ができる端子のケーブルを選びます。TRSフォーンやXLRオス(のちに紹介)を持つケーブルであれば大体バランスケーブルです。

まあこの記事で紹介するものはそのあたりはクリアしているので気にしなくてもいいでしょう。

 

しかし、RCAピンという接続端子を持つものはアンバランス接続のみのこともあるので注意が必要です。そういうものの場合は普通にRCAピンで接続してOKです。

別にアンバランスでも音質が悪いというわけではなく、少しノイズが乗る可能性が高まる程度なのでそこまで心配はいりません。

 

長さは最低限が好ましい

 

ケーブルは長すぎるとノイズが乗る可能性があるので出来るだけ短いものにしましょう。

しかしケーブルが引っ張られるかもしれない長さや、スピーカーを近づけなければ長さが足りないというところまで短い必要はありません。

短ければ短いほどいいので最低限のところをメジャーなどで測って長さを決めてください。

 

また二本のケーブルの長さは同じが好ましいです。

特に理由がなければ同じ長さのものを買いましょう。

 

モニタースピーカー用ケーブルおすすめモデル

 

簡単に選び方がわかったところでおすすめモデルをみていきましょう。

ここで紹介するものは上の基準を満たしているものなので自分のスピーカーの情報と照らし合わせつつ購入を検討してみてください。

 

スピーカーもペアになっているようにケーブルも二つ必要なので購入する際は二つにしましょう。

またサウンドハウスのリンクを多く記載しますが、Amazonではこの手のものは高いのでサウンドハウスを利用することをおすすめしています。

DTM機材を揃えるならサウンドハウスも視野に入れよう。安いよ

XLRオスーTRSフォーンタイプ

XLRオスーTRSフォーンのタイプのケーブルは基本的に最もおすすめのケーブルです。

HS5、MSP5などXLRで接続できるものはこちらがおすすめです。

フォーン端子はTRSもしくはステレオと記載のあるものでなければだめです。

 

またオーディオインターフェース側にフォーン端子がある前提となっています。

UR22mk2やApollo Twinなど大体のオーディオインターフェースにはついている端子です。フォーンはオーディオインターフェース側にさします。

LINE OUTなどと書いていますね。

 

ただKomplete Audioの小さいやつや、UR12などはRCAピン端子だったりするので注意しましょう。

 

Classic Pro CXS XLR TRS ケーブル 

CXS015 XLR TRS ケーブル 1.5m サウンドハウス

超コスパ良のケーブルで二本買っても800円程度のケーブルです。それでいて耐久性もありしっかりと使用できるので初心者の方や特にこだわりがない方はこちらはお勧めです。

いくつかの長さのリンクを貼っておきます。セット販売ではないので2本購入するようにしましょう。

CXS010 XLR TRS ケーブル 1m サウンドハウス  1メートル

CXS015 XLR TRS ケーブル 1.5m サウンドハウス  1.5メートル

CXS030 XLR TRS ケーブル 3m サウンドハウス 3メートル

CXS050 XLR TRS ケーブル 5m 5メートル

 

 

CANARE SPC02B2~ケーブル

CANARE (カナレ) SPC02B2 Black 2メートル サウンドハウス

こちらはケーブルではド定番のメーカーのものです。

品質と耐久性とコスパの全てを兼ね備えた優れたケーブルなので安心感が欲しい方はこちらがおすすめ。そんなに高く無いですし。

こちらも二本購入してください。

 

1メートル↓

CANARE (カナレ) SPC01B2

2メートル↓

CANARE (カナレ) SPC02B2 Black 2メートル サウンドハウス

3メートル↓

CANARE (カナレ) SPC03B2

Hosa STX オーディオケーブル

 

コスパ良しなケーブル。普通に使えます。

こちらはAmazonしかありません。下のリンクをから商品ページにいくと様々な長さから選べます。

 

Hosa STX-105M 1.5m ステレオフォンオス-XLRオス オーディオケーブル

 

 

 

TRSフォーンーTRSフォーン

 

こちらはTRSフォーン(ステレオフォーン)が使用可能であれば使えるケーブルです。

 

Classic Pro CSS ケーブル

CLASSIC PRO (クラシックプロ) CSS050 5メートル

先ほどのもののTRSフォンーTRSフォンバージョンです。

 

1メートル↓

CSS010 1メートル

1.5メートル↓

CLASSIC PRO (クラシックプロ) CSS015 1.5メートル

3メートル↓

CLASSIC PRO (クラシックプロ) CSS030 3メートル

5メートル↓

CLASSIC PRO (クラシックプロ) CSS050 5メートル

CANARE (カナレ) SPC0~ケーブル

CANARE (カナレ) SPC05

こちらも先ほどのTRSフォンーTRSフォンバージョンです。

 

1メートル↓

CANARE (カナレ) SPC01

2メートル↓

CANARE (カナレ) SPC02SA

3メートル↓

CANARE (カナレ) SPC03

5メートル↓

CANARE (カナレ) SPC05

 

RCAピンやステレオミニプラグの場合

 

小型のスピーカーだとRCAピンやステレオミニプラグのみだったりしますがこちらは付いてくることも多いです。付属品をしっかりと確認しましょう。

 

またこれらの場合はオーディオインターフェースなどとの兼ね合いで結構ばらつきがあるので、それぞれのオーディオインターフェースとスピーカーの端子を確認した上で確実なものを選びましょう。

以下にケーブルの例を掲載しておきますが、これらはあくまで例なので長さや端子はそれぞれ確認してください。

 

RCA-フォン

CLASSIC PRO DPR020

audio technica (オーディオテクニカ) AT581A 1.5m

 

RCAーRCA

CLASSIC PRO CRR010 (シングル 2本必要)

CLASSIC PRO (クラシックプロ) DRR020 デュアル

 

CANARE (カナレ)RC018  (シングル)
 (2本必要)

 

 

終わりに

 

ここにあるケーブルであればモニタースピーカーを接続することができます。

もっと高級なものもあるのでそういうのが欲しい方は色々探してみてください!

 

モニタースピーカーには他にもグッズがあるのでこちらも確認してみてください。

モニタースピーカーにはスタンドを使おう おすすめも紹介 モニタースピーカーにインシュレーターを使え! おすすめも紹介

終わり。