サイトの改修作業が完了しました。2019/8/25

Glitch 2 特徴や買い方 EDMにグリッチ系エフェクト

 

DTMでEDMを作りたい皆様こんにちは。

文字通りグリッチ(欠陥・故障)のようなサウンドを作り出すプラグインであるGlitch2をご存知でしょうか。

まあそれなりに有名かもしれませんね。

多分何かの曲を聞いて耳にしたことがあるかもしれませんがこのGlitch2というプラグインを使えばとても面白い音を作ることができます。実際にサンプルも用意してるので聞いてみてください。

私はAviciiの作曲講座で知りました。

Avicii「Glitch」

てな感じでオススメな雰囲気で言っていたのでこれは!と思いダウンロードしました。

今回はそんなGlitch2について紹介します。

 

Glitch2とは

 

Glitch2とは文字通りグリッチ(欠陥・故障)のようなサウンドを作り出すプラグインで下記画像のようなものです。

f:id:REMINGTER:20190630204949p:plain
こんな感じです。

合計10個のグリッチ系エフェクトが統合されていてピアノロールのノートのようにデータを打ち込みます。クリックで打ち込める簡単操作です。

使用可能なエフェクトは画像の通りです。

ランダマイザーというのはここにデータを打ち込むと全てのエフェクトからランダムに選んでエフェクトを作動させてくれます。

試しにEDMの中で順番に使用してみましたので気になるものがあるか聞いてみてください。↓↓

Retrigger→Gater×2➡️Shuffler→Tapestop×2

➡️Distortion→Lofi×2➡️Reverser→Modulator×2

➡️Stretcher→Delayの順番にエフェクトがかかってます。

DJみたいな感じでしょうかね。

 

曲のBPMにあわせて再生バーが動き、再生バーが指定した部分に差し掛かるとエフェクトが発動します。

各エフェクトにタイミングやミックスなどのパラメータがあり、好きなように調節することができます。

またプリセットも用意されていて読み込めばそれっぽい変化を起こすことができます。

わりと単純な作りですね。

 

シンセや音源とは違い単体では音はでないもので元から存在する音を通して変化させるエフェクトです。

先ほど言っていたAviciiはベースをクリスピーなサウンドにするために使うとか言って調整していましたね。なのでそれぞれのエフェクトを個別に使って音色を変化させることもできます。

レビュー

 

Aviciiのススメ通り面白いプラグインで個人的には満足でした。

特にテープストップというエフェクトをよく使いますね。

曲中で効果的に使うとこんな感じになります↓

この中のジューン⤵︎って感じで曲が途切れるやつです。

やっぱりエレクトロニック系にはあうサウンドですね。

 

ただ最近はなぜだか使っても変な音になってしまってどうしても解決できなかったり、Glitch2を使うとすぐにDAWが落ちてしまってあまり使っていません。

なんなんでしょうかね〜。

普通に思い通りになればガンガン使うんですが……

 

ただ割と重いプラグインのようなので私のパソコンがダメダメなのかもしれませんね。

まあ普通に使えるプラグインだとは思いますのでおすすめではあります。

普通にかっこいいですよね。

 

エレクトロニック系でなくても軽くアレンジに変化をつけたい場合でもGlitch2でささっと面白い音が作れますよ。

まあでも気に入らなければ本当に使うかわからないですが…

 

またクリエイティブな使い方ができれば様々な楽器に通してみてサンプルとして保存するということもできると思います。

わりといろんな音が作れるのでピアノやドラムなどにも使うことで面白い音がうまれます。

買い方

 

価格は約6000円です。

Glitch2はこちらのサイトで買うことができます。↓↓

illformed.com

 

海外のサイトなのでクレジットカードかpaypalで買うことができます。

正直高いので迷いますね。

貧乏に嬉しい格安DTM機材 マイクスタンド ケーブルなど EDM にはこれを使え! ソフトシンセランキング【2019】

終わり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です