Avenger シンセ レビュー EDMに最適な高音質シンセ

 

こんにちは。

今回はVengeance Sound から販売されているソフトシンセ、Avengerについて紹介、レビューしていきます!Nexusのサウンドデザインをしたのと同じ会社?なようでNexusにも書いてある「V」の文字があります。

シンセとしてはかなり後発のイメージがありますね。

しかし他の定番シンセとともに名を連ねる存在となってきているようです。

 

2019年7月下旬あたりから半額セールを行っていたので迷った末購入してしまいました。

これで晴れて私もAvengersの仲間いりということですね。

普段はアベンジャー25000円以上なので選択肢から外していたのですが、、

10周年記念セールで11000円ちょっとで購入することができたのですね。もしセール期間にこの記事に来た方がいらっしゃったら Plugin boutiueで買うと11000円ちょっとで買えます。公式より安いです。

Plugin boutiue↓

www.pluginboutique.com

公式ページ↓

Vengeance Sound

Avenger 特徴を紹介!

 

Avengerは900種類以上のプリセット、596個のウェーブテーブル、168個のドラム・キットなどのサウンドが搭載された最新型のシンセです。

さらにテクニカルな情報を確認したい方はこちらのサイトで確認してみてください。

ソフト音源 「AVENGER」 | SONICWIRE

 

Avengerの音作り

 

Avengerは特に苦手なものもなく何でも作れる万能シンセと言えるでしょう。

Avengerはウェーブテーブル・シンセシスやFFTエディターで倍音の調整を行って、さまざまな音色を作り出すことができるシンセです。

オシレーター波形はノコギリ波や三角波などが収録されたベーシックな波形のほか、ウェーブテーブル、クリック/ノイズ波形を含むサンプルといったものを搭載していて多彩な音作りをすることができます。

またオシレーターは最大で8つまで増やすことができます。

 

普通のシンセと比べたら圧倒的な品数ですよね。

これらを使用することで個性的な音作りが可能となります。

 

AvengerのROUTEセクションでは、フィルターやシェイパー、リバーブなど、現在選択しているサウンドがどのようなモジュールにルーティングされているか確認でき、それぞれを選択してGo toをクリックするか右クリックすることでそのモジュールがどこにあるのか案内してくれます。

なので初心者でも迷わずパラメータの編集ができます。実際に触ってみると気が利いている部分を感じられます。

フィルタータイプや内蔵エフェクトの種類もかなり豊富でそれぞれ組み合わせたらかなりのパターンのサウンドが作れそうですね。

 

ほかにもシーケンスやドラムキットなど沢山あります。

ただ多彩すぎて選ぶだけでも困りますね。

なのでプリセットから使うことがおすすめです。

言葉だけではピンとこないですし音作りの紹介はほどほどに。

 

基本的には何でもできますし追加プリセットも豊富なので音作りに関してはあまり心配はいらないのでは。

あまりに色々なことができるのでもしさらに情報を得たい場合は製品ページを確認するといいでしょう。↓↓

ソフト音源 「AVENGER」 | SONICWIRE

 

最新のシンセという雰囲気が伝わる操作画面

 

個人的にAvengerのGUIにはすごい感動しました。

新しい感じのものは大すきなので。

f:id:REMINGTER:20190726171559p:plain

こちらがその画面なんですがシンセというよりなんか一つの作曲ソフトにすら見えるかっこよさ。

かなり大きく画面に表示されるのでそれぞれのパラメータもとてもみやすく使いやすいものとなっています。

画面の拡大・縮小もできます。

 

ただ初見の人からしたらわかりにくいですね。

この画面はAvengerが重い理由の一つな気がしますね。

凝ったホームページの方が重かったりするのと同じでw。

 

 Avengerのイカした操作性

 

Avengerは初めてみた感じ全然今までのシンセと違って「なんじゃこりゃ..」と一瞬やる気を失いましたがよくみたら意外とわかりやすい部分も。

f:id:REMINGTER:20190726224142j:plain

オシレーターやAmp、フィルターなど全てインターネットブラウザーのようなタブ形式で追加・削除ができる。

これをイカしているという以外に何と言おうか。

基本的にどのセクションもこのようなタブで管理・表示できるのでこれに関しては迷うこともないです。

どこに何があるのか簡単に把握できますね。

 

さらにADSRパラメータをいじると関係ないセクションに現在操作しているパラメータのグラフを表示してくれて動きを目で追うことができます。

なんかWavesからiZotopeメインになった時のようなきもち。

おお〜気がきくね〜というポイントを最新の雰囲気を醸し出しつつ表示してくれている。

 

エフェクト類も種類がかなり多いですがDAWのインサートのような感覚の操作で使用できて楽しいです。画像のエフェクト・ラックをみてください。

最新のシンセだけあって今までのシンセと比べて最高のものになるように設計されたんでしょうかね。

ただ項目が多くて複雑というのは否めません。

 

Avengerレビュー

 

Avengerの音質

 

気になるAvengerの音質ですが、、

とても良い!

クリアで太くて音抜けが良い文句なしのサウンドです。

いやほんとに。

 

最初に音を聞いた時は割と感動のサウンドで私的に最高の音質だったOmnisphere 2と同等くらいにも感じました。

私が気に入っているNexusやSpireより高音がさらっと抜けて気持ちいいといいますか。

クリアでシュッと抜けていくサウンドです。

プリセットの音も強くて太くて曲のなかでシンセを重ねることなく目立ったトラックにできそうです。

 

個人的にEDMを作る時にただローを支えるだけの無難なベースをよく使うのですが、それに関してはいまではAvengerを選ぶことが多いですね。

ベースは音色が似たものであればあとはシンセの特性・性能くらいしか変化がないので、他に比べてずっしりとしたベースの存在感と音質の良さからAvengerを使います。

 

Avengerのプリセット

 

Avengerには多くのプリセットが搭載されていますがどれもクオリティが高いです。

基本的にEDMに使えるサウンドです。

EDMのEXPANSIONを追加しましたがいらなかったなと感じるくらいには。

音質は先ほど絶賛したとおりなので本当に即戦力となるプリセットだと感じています。

 

さすがNexusのサウンドを手がけるだけあってプリセットは強い。

ていうかNexusを彷彿とさせるようなサウンドも多かったですね。

またAvengerはシンセとして優れたエディットが可能なのでイメージ通りの音に近づけることも容易いでしょう。

EDMを作りたい私にとってはツボを押さえてくるね〜と感じるプリセット。

耳にしたことがあるEDMサウンドです。

王道系EDMというかが得意なプリセットですね。

 

なのでEDMを作りたい場合やEDMサウンドを簡単に取り入れて行きたい場合はおすすかもしれませんね。

ただ逆にEDMすぎてEDMを作りたいという訳ではない人には微妙に感じる可能性もありそうです。

サウンドがド派手なものが多いので。

 

私はシンセを使う時はプリセットからイメージに近いものを選んで軽くいじるかそのままで使うという使用法ですが、それぞれのクオリティが高いのでそんな使い方にも最適だなぁと感じています。

プリセットを選んでいるだけでも曲のアイデアが浮かぶようなサウンドです。

またプリセットのリードはモノに設定されていることが多いのですがそれ一本でいい感じになるような太さとオシレータの重ねかたがあります。

 

現在は公式でハイクオリティの追加プリセット(EXPANSION)を多数販売しているため自分に合ったサウンドライブラリの構築も容易に可能ですね。(お金あれば)

Nexusのサウンドを手がけるだけある。

ほとんどのエレクトロニック系ジャンルが揃っています。

 

EXPANSION↓

Vengeance Sound

 

Avengerは重いのか

 

Avengerを購入するか検討している方の中には「Avengerが重い」という情報から悩まされてる方もいるのではないでしょうか。

そんなAvengerですが、

確かに重い!

です、、、

 

なんですが正直私は他の重めのシンセとあまり変わらないような印象を受けました。

Omnisphere 2はかなり頻繁に使っていますが重たいプリセットを使うとAvengerより重いですし、SpireでもReaktorでもプリセットによってはAvenger以上に重たいと感じます。

さすがにMassiveやNexusと比べてしまうと重たいのでプロジェクトに何台も立ち上げて放置することはできないのですが、それは他の重たいシンセも変わりません。

 

またAvengerもプリセットによってかなりばらつきがあります。

本当に重たいプリセットを使うと再生が途切れるほどのものもありますが基本的にはなんとか使えるかなという印象。

他のサイトさんではただ立ち上げた状態ではAvengerが一番重いということは検証していたようなのでそれはそうなんだと思いますが、実際にプロジェクト内で音を鳴らしている分には他の重めのシンセよりちょっと重いか同じくらいかと。

 

なのでもしOmnisphere、Serum、Spireなどが問題なく動かせているならあまり変わらないんじゃないでしょうかね。

あくまで私の個人的な感想ですが。

単純なオーディオ処理負荷でSpireと比較するとSpireの方がきつい場合もありますね。

 

以下にシンセを一台だけ鳴らして比較した画像を掲載しておきます。(DAWの緑のメーターが負荷を示す)

Avenger

f:id:REMINGTER:20190726053431p:plain

Spire  

f:id:REMINGTER:20190726053443p:plain

この画像ではSpireのほうはこれだとあと少し音数を足すだけで再生が途切れ始めます。

こんな感じでSpireの方が再生時はるかに重いプリセットもあります。

ただCPU使用率はAvengerも17%と表示されているのでやはり普通のシンセと比べたら重いという印象はぬぐえませんね。

 

コレ↓でEDM作ったら私のPCではさすがに重くなってしまいましたねw

しかしインスツルメントをフリーズしながら使えば余裕ですし、再生不可になるとか落ちるとかはなかったです。

参考までに。Avengerも意外と大丈夫。

 

(Avenger6台、Omnisphere2台、KONTAKT3台、Nexus2台、その他サンプラーやオーディオトラックたくさん)

f:id:REMINGTER:20190726050939p:plain

私のPC主要スペック:メモリ16GB Core i7

照らし合わせてみて自分のものではどうなりそうか予測してみてください!

 

謎のシューティングゲームができる

 

Avengerでは謎のシューティングゲームで遊べます。

暇つぶしに最適ですね。

意外と楽しい。

 

私は6面でGAME OVERになってしまいました。

クリアしたらクーポンでももらえたらいいんですが。

遊び心あるAvenger ですね。

f:id:REMINGTER:20190726171155p:plain

 

Avengerのデメリット

 

かなり褒めてきましたがAvenger には無視できないデメリットもいくつかあると感じています。ちょいちょい記事内で触れていますが。

 

EDM感がすごい

 

Avengerのプリセットは本当にEDM感が強いです。

それも2019年では下火であるジャンルの。

EDMの中でもド派手なサウンドたちです。

 

なのでプリセットが気に入らない場合は追加料金も考慮したほうがいいですね。

私自身EDMを作ってはいるのですがちょっと変わったサウンドを心がけているのでOmnisphereの方が楽しく使っていますね。

逆によくある系EDMが作りたいんだ!という方には最適と言えるでしょう。

 

機能が多くて複雑

 

画面も見やすくて操作もしやすいっちゃしやすいんですが項目や選択肢が多いせいであまり手の込んだことはやる気が起きません。

イメージできない波形やフィルターは確認作業だけでも膨大な時間を費やすことになるでしょうエフェクトだけでも30種類ほどあります。

SpireのようなThe シンセってかんじの方が好きなのでAvengerで音作りはあまりしませんね。ほぼプリセットに投げています。 

 

まあ操作に慣れてしまえばかなり使いやすいんでしょうがどうもやる気が起きない。

初心者がシンセを学ぶ際に使うというよりは単純にサウンドライブラリを強化したい人(プリセット使用で)か音作りを極めたい上級者向けという印象です。

まあ、私に関しては勉強しろ!って感じですがw

 

Avengerはなんでもできる反面機能やエフェクト、波形などそれぞれを選ぶだけでも種類が多すぎて全て自分で把握するにはかなり時間がかかりそうです。

なのでプリセットメインで使っていく使い方が賢いのかもしれませんね。

EDMにはなってしまいますが。追加でいいものがたくさんあるので金にものを言わせるといいです、

 

重さが気になることもあるかもしれない

 

先ほど意外と大丈夫とは書きましたが本当に人によるでしょう。

ほかのネット記事を見ていてもAvenger が重いという評価は共通です。

私自身もプラックでコードを鳴らすとめちゃめちゃ重くなるのでやはりぽんぽん立ち上げられる存在ではないですよね。

 

なので多少の重さは覚悟の上で購入する必要があります。

Avengerはやっぱり重いということを伝えるために書いておきました。

以上Avenger の気になるところでした。

まあ私自身は全然満足なんですがね。

 

Avengerの評価を一応まとめておくと

 

長くなってしまったので今回Avenger について伝えたかったことをまとめておきます。

  • 画面は見やすい
  • 機能が多彩
  • 音質は素晴らしい
  • 確かに重い
  • 完全にEDM向けのプリセットを搭載
  • プリセットのクオリティが高い

ということです。

なのでまあどんな人におすすめできるかといえばEDMを作りたい人ですね。

プリセットを鳴らすだけでEDMになります。

 

それ以外は追加プリセットの品揃えをみて検討したほうがいいのかも。

プリセットさえたくさん手に入れることができればNexusの最強版と考えて良いレベルなので。

 

音作りの点では入門用のシンセではないですね。

EXPANSION↓

Vengeance Sound

終わりに

 

いかがでしょう。

Avengerは素晴らしい音質と機能を兼ね備えたシンセではありますがちょっと気になる点もありますね。

もし一つ目のシンセを探している場合はSpireとかの方がいいのかも。

 

ただEDMを作りたくてプリセットメインで使う分には最高峰のサウンドなのでいいと思います。

私自身はハイクオリティのEDMプリセットと高音質でとても気に入りました。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です