EDM にはこれを使え! ソフトシンセランキング【2019】

 

どうもこんにちは〜。

今回はEDMだけを作っているわたくしが独断と偏見でEDMに役立つソフトシンセのおすすめ度ランキングを考えてきました!参加しているシンセはEDMのためのシンセとしてよく名前が挙がるものを選んでいます。

もし「これからEDMのためのシンセを揃えたいんだ!」と意気込んでいる方がいらっしゃったら参考にしてみてください。

評価のポイントは音質、操作性、プリセット、EDM度を5点満点で評価して判断を下しています。(1〜5点)

EDM度はどれだけEDM制作に役にたつかのポイントです。

私自身EDMを制作しているのでEDM制作にどれくらい適しているかでも判断しています。

ていうかそういうコンセプトのランキングですね。

普通のランキングはたくさんあるしね。私はEDMしか作ってないのでそんな視点です。

(シンセ単体の評価とEDMに使えるかで判断。

順位が高ければEDMに使えて音質などその他シンセとしての要素も良い。)

またできるだけ個人の感覚ではなくニュートラルな視点から考えてきたつもりです。

では早速みていきましょう!

 

ソフトシンセおすすめランキング

 

9位 Reaktor6(Komplete12) ーNative Instruments 

f:id:REMINGTER:20190801004144p:plain

Reaktor6の評価  1ー5

音質 4

操作性 2

プリセット 2

EDM度 1

CPU負荷 2

使用頻度

シンセのイメージ

さまざまなタイプのシンセがReaktor内に搭載されていてプリセットから多彩な音選びができる。また自分で一からシンセを作ることができて可能性は無限大だ。ていうかそのためのツール。EDM向けのサウンドは少なくもっと静かな曲に使えそうなイメージ。

9位にランクインしたのは Reaktor6  ーNative Instruments です!

なぜこいつを入れたかというと、「Komplete買いたいけどEDMって作れるのかな〜」という人のためです。

MassiveはEDM向けという評価はされていない・少し古いという印象なのでReaktorが代わりにということで名前が挙がる場合があります。

 ただ残念ながらEDMにはあまり向いていませんね。

変わった音が多い上に操作もちょっとややこしいですし、気になる自分でシンセを作れるという機能を使ったとしても時間がかかる上にEDM系のシンセの再現は難しいです。

 

またEDM関係なしに汎用性が高い音は少ないように感じました。

プリセットは使いどころに困る音が多いですね。個人的に。

ただ一部EDMにも使える音がありますし音質もそこそこで太いサウンドもあります。変わった音をEDMに入れるのが好きな私はたまに使ったりします。

ということは頑張れば何でも作れるのでしょう。

 

まあそんなわけで今回のランキングに登場しましたが9位です。

あとわりと重いです。

(可能性は無限大)

KOMPLETE

8位 Massive  ーNative Instruments 

f:id:REMINGTER:20190801004208p:plain

Massiveの評価 1ー5

音質 4

操作性 2

プリセット 2

EDM度 2

CPU負荷 4

使用頻度

シンセのイメージ

ダブステップ向けなイメージが強い。難しい。デジタル感がすごい。

Massive Native Instrumentsが今回のランキング8位です。

今でもユーザーは多数いると思いますが少し古いシンセということにはなってきてるようですね。

デジタルなサウンドでダブステップに多用されて有名なシンセです。Massiveなサウンドを作れます。

 

個人的に音作りの際のわかりづらさから使う機会がなくなってしまいました。

私が割と最初の方に導入した有料シンセでしたが実機をモデリングしたようなシンセからMassiveに移行すると全くわからない。(勉強不足もあるけど)

サウンドはデジタル感がハイパー強くてなんか独特な音ですね。ああ、マッシブだなぁと感じるサウンドです。

 

音質はベストセラーになるだけのシンセなので良く太いサウンドも作れます。

ただEDMらしい派手で高音?の抜けがいいようなサウンドは作りづらい印象でした。

まあダブステップにはチュートリアルがたくさんあってかなり有効なシンセかと。

 

Massiveは古いシンセなだけあって有料の追加プリセットも各社が販売しているのでそこも強みかもしれませんね。

EDM系にも使えるド派手なサウンドもあるのでMassiveでサウンドライブラリを構築してみても結構いいものが作れそうです。

ただ私としては操作性のややこしさとあまりつかいどころがないので8位です。

KOMPLETE SELECT

KOMPLETE

 7位 Massive X

f:id:REMINGTER:20190801004234p:plain

Massive Xの評価 1ー5

音質 5

操作性 2

プリセット 2

EDM度 2

CPU 負荷 4

使用頻度

シンセのイメージ

固有名詞が多くて操作が難しい。音抜けが良い。音が太く存在感がある。割と軽い。

7位に入ったのはMassive X

その名の通りMassiveの後継機的な位置付けのシンセです。

有名なシンセの中では最も新しいシンセでしょう。

(Komplete12以上のバンドルに付属)

 

Massiveよりも操作画面の見易さや音質の汎用性が良くなったような印象。

ただ操作画面が見やすくなったとは言え書いてない項目があったりGorilla🦍などの固有名詞が多くてマニュアルなしではさっぱりわからない項目があったり、ルーティングセクションが直感的に見えて選択に困る点などちょっとわかりづらい。

しかし音質はかなり高音質で最新のシンセという感じです。

かなり太い音で存在感もあります。

2機の強力なオシレーターで多数の波形を使用できて多様な音作りが可能になっていますね。

 

ただプリセットが少ない!

しかもEDM向けのものはそんなに多くないような。

ただでさえあまり音作りはしない私ですし、わかりづらい項目も相まってあまり出番がありません。他のがあると使う理由がない。

なのであまり話題にならない印象ですね。

ただ逆に出てきたばかりで今後にものすごい期待をしています。

多少プリセットも増えるかもしれませんし他社が販売することもあるでしょう。

ぜひとも Massive Xでとんでもないプリセット集を作って欲しいところです。

買うので。

現時点ではまだ様子見ですね。

KOMPLETE

 

 6位 Sylenth1 ーLennardigital.

Sylenth1 Screenshot

Sylenth1 | LennarDigital

Sylenth1の評価 1−5音質 3操作性 5プリセット 2

EDM度 3

CPU負荷 5

使用頻度

シンセのイメージ

Pluckやsaw系がPopsに使えそうなサウンド。 軽くて汎用性が高いシンセ。

まずここで一つ謝らなければならないことがあります。

実は私、、、

Sylenth1使ったことありません!

 

おまえそんなんでランキングとかやってんのか??

という罵声を浴びせられてしまっても仕方のない重罪ですが、、

操作性やサウンドは動画やネット記事等で把握しているので許してください。

色々なシンセを触っていると音を聞いて画面を見るだけでだんだん違いがわかるようになってくるのでそんなシンセをたくさん触っている私のことを信じてくれる方は読み進めて頂ければ。

 

私が知っている範囲で解説していきます。

Sylenth1もMassive同様古いシンセです。

Sylenth1はアナログシンセなサウンドで画面もとてもシンプル。

またパソコンへの負荷も低く使い安さで言えばトップのシンセと言えるでしょう。

しかし残念ながら音も軽い傾向にあります。

音質や元から搭載されたプリセットはなんとも言えないという評価がありますが古くからあるので外部で販売されているプリセットが豊富にあり、それらを集めればEDM向けのライブラリも構築することができるでしょう。

 

そして私がSylenth1に関して最も印象的だったのはかのAviciiが使っていたことですね。

Aviciiが直々に解説してくれている動画ではSylenth1を多用しており、その中で流れるサウンドはやはりAviciiらしさがあります。

Aviciiを目指す人は検討すべきシンセですね。

こんな感じで順位は6位としました。

EDMを作るためのシンセはある程度持っている私ですがSylenth1もいつか買おうと考えています。

Aviciiみたいな音楽を目指しているので。 

5位 Omnisphere 2 ーSpectrasonics

 

f:id:REMINGTER:20190724011346j:plain

Omnisphere 2の評価 1ー5

音質 5

操作性 4

プリセット 5

EDM度 2

CPU負荷 3

使用頻度

シンセのイメージ

圧倒的高音質。プリセットが膨大。ちょっと異質なシンセ。派手な音は苦手かも。

 

うーーーーむ!。。

個人的にはOmnisphereはかなり使うシンセだから上位にしてあげたいけど、、、

他と比べるとEDM向けではないかな〜〜〜〜。

ということで5位にOmnisphere 2です。

Omnisphereは膨大な波形、サンプルベースでの12000以上の多彩なプリセットを搭載したモンスターシンセです。

 

音質、プリセット、操作性に関しては個人的にいうこと無しで好きなシンセランキング考えれば1位なんですがどうもサウンドがEDMらしくないので減点になりました。

音質がかなりスマートな印象で、超高音質で目立つ音ながらもEDMのようなうるささはない気がします。

プリセットにSpotlight EDMというカテゴリも作られていてかなりEDMにも力が入っているのですが、他のシンセのような「あっこれこれw」というようなプリセットは少ないような。

ただアランウォーカーを目指すなら使えるかもです笑

ちょいちょい似たようなサウンドが見つかります。

実際に映画の劇伴に使われることも想定しているシンセなのでその世界観にあっているのかも。

 

ただ音のクセが強いという評判で有名ですし、 「全く使ってない」というレビューもちらほら見かけたので汎用性が高いシンセではないですね。

しかしこのシンセの世界観を受け入れることができる方であれば最高のシンセであること間違いなしです。

あとEDMでもPopなEDMであれば使えるかも。

(音質だけで見れば個人的に一位のシンセです)

サウンドハウス↓

SPECTRASONICS ( スペクトラソニックス ) / Omnisphere 2 (USB Drive) ソフトウェア・シンセサイザー音源

 関連記事↓

Omnisphere 2 使用感や音質 レビュー

4位 Nexus 2 ーreFX

f:id:REMINGTER:20190724011311j:plain

Nexusの評価 1−5

音質 3

操作性 5

プリセット 3

EDM度 3

CPU負荷 5

使用頻度

シンセのイメージ

シンセというかサンプラー。音はEXPANSION(追加プリセット)次第で無限大。

こういうランキングでNexusを入れるのはどうなのか迷いましたが。

音がシンセなんだしシンセでいいじゃないかということでNexusを4位にしました。

 

Nexusはシンセの音を出すサンプラーみたいなやつでプリセットを選択するだけでそれっぽいサウンドを簡単に出してくれます。

こういう形式だからかとても軽いシンセで操作項目も少ないので使いやすさで言えばトップクラスですね。

このランクづけを行なっている時に追加のプリセットを考慮すべきか迷ったんですがNexusはExpansionを購入することでさらに強くなります。

正直NexusはEXPANSIONありきのシンセなので、、、、、

 

EXPANSIONを大量に買っていいのであればプリセットも音質ももっと高得点なんですが合計10万円くらい費やさなきゃ個人が満足するようなライブラリは構築できないのでなかなか難しいところ。

初期状態だとどうもサウンドがEDMらしくないものもありましたのでこの順位。

ただ普通に使えるものもたくさんあります。

私自身もそれなりによく使います。

 

Nexus 2 シンセ紹介 音質などレビュー EDMに使える

公式ページ

Nexus | reFX

 3位 Avenger ーVengeance Sound

f:id:REMINGTER:20190724013057j:plain

Avengerの評価 1−5

音質 5

操作性 3

プリセット 5

EDM度 5

CPU負荷 1

使用頻度

シンセのイメージ

最新のシンセ。プリセットがかなりハイクオリティなEDM系。重い。

3位入賞を果たしたのはAvenger。 

AvengerはMassve Xを除けば有名シンセの中では最も後発でUIもかなり最新な雰囲気が漂っています。

それぞれの操作項目も実は気が利いていて初見だと面食らってしまう見た目ですが意外とわかりやすいです。

 

個人的にAvengerの高音質さには驚いてしまいました。

Omnisphereに匹敵するもので高音がシュッとしてさらっとしている(よくわからん)。

Avengerはこれまでにない多彩な機能や音作りを可能とした超万能シンセでプリセットもかなり充実しています。

Avengerで演奏すればEDMが流れ出すといえるくらいにはハイクオリティなEDMサウンドが揃っています。

 

またNexusのサウンドデザインを手がけたVengeance Soundが出しているだけあって公式の追加プリセットもすごいです。新しいシンセながら あらゆるジャンルを網羅したプリセットを購入することが可能です。

ここまでいいことづくしのAvengerですがいくつか悲しい部分もあります。

一つは重いこと。

まあ私自身は意外と大丈夫ではありますが世間では重いという評価が飛び交っていますし、実際他のシンセたちと比べるとやはり重い部類に入ります。

他にはプリセットがEDMすぎることだったり操作の選択肢が多すぎるということだったりまあ使いやすさという点ではなんとも言えない部分もあります。

あとAvengerはとにかく上級者向けな感じのシンセですね。なんでもできるのでシンプルではないかも。

そんな感じで3位。

関連記事↓

Avenger シンセ レビュー EDMに最適な高音質シンセ

公式ページ

Vengeance Sound

 

2位 Serum ーXfer Records

Serumの評価 1−5

音質 5

操作性 2

プリセット 5

EDM度 5

CPU負荷 2

使用頻度

シンセのイメージ

ダブステップ勢とフューチャーベースの人たちが使っているイメージが強い。高音質で変態系と称される激しいサウンドが好き。

出ました。

最近のベストセラーシンセのSerumです。

セラムでウェーブテーブルシンセという概念を知りましたがそんな方も他にはいるのではないでしょうか。よく見るとウェーブテーブルという言葉は他にも書いてあったりしましたがSerumほど前面に押し出してない。

 

セラムもかなりの高音質でEDMやエレクトロニック系を作るのに必須アイテムになっていますね。

日本のDTM界隈ではダブステップやフューチャーベースもかなり作られている印象ですがそういう人たちの必携シンセってイメージです。個人的に。

ただ操作が難しい、重い、プリセットがかなりとがったサウンドという側面もあります。

 

 様々な会社が販売しているSerumのプリセットはすごいかっこよく、それらを集めるだけでも素晴らしいサウンドライブラリが構築できることでしょう。

あとFuture Houseのジョンッってかんじの音やシュィィンッっていうサウンドはSerumのものが一番かっこいいような。Future Bassも。

そんなSerumさんが2位 。やっぱり使用する人の多さから見てもSerumは上位確定ですね。

 

ちなみにセラムはちょっと面白い買い方があります。

Spliceというサイトで月に千円ほどの支払いでレンタルしてセラムの定価2万円ほどまで月々支払いをするとそのままライセンスがもらえるというおさいふに優しい気がする使用法もあります。

セラムを検討している方はチェックしてみては?

公式↓

XferRecords.com | Home of the Xfer Records VST Suite

Splice↓

Serum by Xfer Records – Rent-to-Own | Splice

1位 Spire ーReveal Sound

f:id:REMINGTER:20190723212638j:plain

Spireの評価 1−5

音質 4

操作性 5

プリセット 5

EDM度 5

CPU負荷 3

使用頻度

シンセのイメージ

超オールラウンダーで操作も比較的簡単。The シンセという雰囲気と最新のサウンドを兼ね備えた存在。

栄えある一位に輝いたのはSpire。 

おめでとう!

 

Spireはシンセとして必要なものを全てバランスよく備えているイメージ。

簡潔な画面のわかりやすい操作、EDMにも使えるハイクオリティなプリセット、優れた音質。

またアナログシンセを感じさせる音作りもできシンセとして万能です。

 

公式ページのプリセットも充実しています。

シンセとして優劣つけるならSpireは強いですね。

かなり使いやすいシンセ。

サウンドハウス↓

Reveal Sound Spire サウンドハウス

Reveal Sound公式サイト↓

https://www.reveal-sound.com/plug-ins/spire

Spire シンセレビュー! EDMに使える高音質シンセ

 

終わりに

 

ということで以上。

このような結果になりました。

いかがでしょうか。

 

私としてはEDMのためのシンセを探している方はこのランキングの上位のものを検討すれば間違いないと考えています。

これらのシンセたちの評価はあくまで私の独断と偏見によるもので、さらにEDMに向いているかでも判断しています。

なので順位が低いシンセは品質が悪いというわけではありませんのでご了承ください。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です