KOMPLETE 2020年夏のセールを開始。こちらから記事に飛べます

AndroidやiPhoneでDTM!どのアプリを入れればいい?

 

こんにちは。

 

「DTMをやりたいがパソコンは高い……もっと手軽にできないだろうか….」

とお考えの皆様、

実はスマホでもDTMができるようになるアプリがあるのです!

 

スマホでDTMをやるとなるとやはりパソコンには敵いませんが、結構本格的にできるものもあるのでDTMを学ぶことは十分にできます。

今回はそんな作曲アプリ(スマホ用DAW)についてみていきましょう!

 

DAWとは?

音楽制作ソフト DAWとは? 超簡単に解説 おすすめも紹介

 

スマホでDTMをやりたい人のためのアプリ

 

Apple GarageBand

まずはAppleのGarageBandです!

無料です。

こちらはiPhoneのみでしか使えないアプリです。

 

パソコンには人気DAWのLogic Proというものがありますが、これの子分見たいな存在で操作画面なども似た作りになっています。

 

↓プロも使用する人気DAW Logic Pro

 

↓GarageBand

 

まあ流石に有料版と比べると機能が少ないですがいい感じですよね。

 

GarageBandは本格的な打ち込みが可能で、うまく使っていけばそれなりのものが作れます

以下の画像のようにペンで演奏データを入力していくことで楽器ができなくてもGarageBandに演奏してもらえます。

 

 

またLogic Proは付属の音源の音質が良いという特徴を備えていますが、GarageBandも同様にサウンドが優れていて無料のDTMアプリとしてはトップクラスの性能を誇っています。

 

さらに自動で本格的なドラムパターンを演奏してくれるアシスト機能もあり、初心者でも比較的簡単に本格的なドラムトラック作成できます。

あとはピアノなりギターなりを打ち込めばさらに形になってきますね。

 

↓こいつを読み込めば自動でドラムを演奏してくれるトラックになる。もちろんパターンの編集も可能。

 

結構すごいですよね。

これだけできればDTM体験としてはかなり本格的なものと言えます。

そしてさらにさらにエフェクトもそれなりのものがしっかりと使えますので、ミックスもしっかりとできてしまいます。

 

iPhoneをお持ちの方でしたらお試しにGarageBandを使用してみてはいかがでしょうか?

これがあればDTMで行える打ち込みや録音、簡単なミックスまで体験できてしまいます。

さらにいつかパソコンを買おうという時にもLogicを選ぶのであればスムーズに移行できますよ。

ちなみにiPadでも使用可能で、やはりIpadの方が画面は大きいので使いやすいです。

iPadでDTM DAWやすごいアプリ紹介 マスタリングも

 

Walk Band

こちらはAndroidで使える作曲アプリ。こちらも無料です。

先ほどのGarageBandに似ていますね。

 

こちらはスマホ上で、主にバンド演奏で使える楽器が使えるようになっています。

かなりわかりやすい操作性で初心者でも使いやすい仕様です。

楽器を演奏し一部は記録なども可能です。

サウンドもまあまあでうまく音を重ねることができれば、一応はそれなりの形になるかもしれません。

 

↓ピアノを演奏したりできる

 

ギターではコードを選択すれば単音でアルペジオにしたり、ジャラーンとそのままコード演奏することも可能です。

 

ただこのアプリには重大な欠陥とも言えるムカつくポイントがあります。

それは広告が出てくることです。

ページを移動するたびに出てくる広告はイライラして作曲などできません。

私はそんなに使ったわけではないのでオプションなどで消せるのかもしれませんが。

 

FL STUDIO MOBILE

 

AndroidとiPhoneどちらも使用可能です。

こちらは有料で1720円です。

 

「FL Studio Mobile」をApp Storeで

 

FL Studio Mobile – Google Play のアプリhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.imageline.FLM&hl=ja

 

DAWのFL STUDIOのモバイル版です。

FL STUDIOはEDM制作用DAWとして世界で支持されているDAWで、そのモバイル版がFL STUDIO MOBILEです。

 

FL STUDIOはEDMに特化したワークフローとなっていますが、FL STUDIO MOBILEもEDM向けです。

なのでEDM系を作りたい方におすすめということになってくるでしょう!

 

他のものはEDM向けの音は少ないのですが、FL STUDIO MOBILEは用意されている音にEDM向けのものがあるのでEDMを作りたければこれ一択ですね。

EDM系には様々な効果音(FX)が使われていますが、それらも充実しています。

 

こちらは有料なだけあってなかなか本格的な打ち込みが可能となっています。

本物のFL STUDIOとは違う仕様ではありますが、一通りのエフェクトやレコーディングなどのDAWとしての機能が揃っているのでそれなりに本格的なものが作れます。

MIDIキーボードなども同時に使ってみるとさらに本格的なDTM環境になるでしょう。

スマホでも扱えるものなのですごいものです。

 

音質に関してはまあまあといった印象。

やはりモバイルだな〜と感じます。

しかしiPadやスマホで扱うには十分すぎるDAWなので練習としては素晴らしいものです。

 

スマホでここまで多機能なものはあまりないでしょう!

 

「FL Studio Mobile」をApp Storeで

 

FL Studio Mobile – Google Play のアプリhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.imageline.FLM&hl=ja

 

Zenbeats

 

ZenbeatsはRolandのDAWで、WindowsにMac、iOSやAndroidでも使用可能です。

無料で使うことができます。そしてものたりない人向けに有料オプションがあります。

 

直感的な操作性でサンプルを使って作曲したりピアノロールを使用して打ち込みをしたり、本格的なDTMが可能です。

Rolandの昔ながらのドラムサウンドなども使用可能で音源もそれなり。

しかも無料ながらトラック数は無制限です。

結構すごいですね。

 

この無料版のみだと機能制限がありますが、有料オプションのUnlockを購入することでより強化することができます。スマホであれば14.99ドルで購入でき、かなりの数のサウンドを増やせます。

 

無料版と有料版では同時に使用できるエフェクトの数や、使える音源とサンプルの数が全然違うのでより本格的にやっていきたい場合には有料オプションを買うのもいいですね。

さらに上級オプションのUltimate Unlockもあり、こちらではさらに収録サウンドを増やし、全OSで有料版が使用できるようになります。

参考 ZenbeatsRoland 参考 Zenbeats グレード比較Roland

ただEDMを作りたい人であればZenbeatsではなくFL STUDIO MOBILEの方がいいかもしれません。こちらは最初から1700円ほどの有料ですが。

 

KORG Gadget 2

 

https://apps.apple.com/jp/app/korg-gadget-2/id791077159

 

KORG Gadget 2は4900円の有料作曲アプリで、iPhoneなどのiOSに対応しています。

 

有料作曲アプリの中ではトップの人気を誇るアプリでかなりの高性能です。

まず特筆すべきは圧倒的な音源の選択肢。

 

シンセだけでもこれだけの数があり、本格的なDTMが楽しめます。

そして打ち込みも同様、本格的なことが可能でスマホ一台でしっかり一曲作れてしまいます。

エフェクト類もここまで見てきた他のアプリと比べて充実しています。

 

ミキサーなどのユーザーインターフェースも見やすくさすが有料アプリといったところ。

もしiPhoneユーザーであれば少しお金をだしてこちらを使用してみるのもいいですね。

 

  • Evolving to the next generation. アイデアを直感的に素早く音楽に。
  • 最高の音楽制作ソフトウェア「KORG Gadget 2」
  • • Appleの「App Store Best of 2014 今年のベスト」に選出
  • • App Store 有料アプリ総合ランキング1位を獲得!

終わりに

 

いかがでしたか?

今回はスマホで使用可能なDTM用アプリの紹介でした。

どれもうまく使えばそれなりのものが作れますので、DTM体験のつもりで試してみては?