KOMPLETE 2020年夏のセールを開始。こちらから記事に飛べます

DTM機材集めは考えて買い物するほどより有利に進むかも?

 

こんにちは。

今回はなんとな〜く思ったことを書こうということで、「DTMではよく考えて買い物できる人ほど有利に進みそう」というテーマについて語ります。

なんとな〜く思ったのでね。

 

あと金が無限にあるような人は関係ないので。

私のように限られたお金の中で頑張ろう!という方向けに。

 

DTM機材を集めるという作業でも差が出る

 

DTMは機材を集めるということでもそのあとの曲作りがうまくいくかどうか差が出てくる気がします。

うまく買い物できるかどうかで今後のDTMライフに影響するかも。

 

DTMというのは様々な機材を集める必要があり、ひと通り揃ったとしてもプラグインは無限にありますし、高価な機材は集めようとすると何十万単位になってしまいます。

 

DTM機材って金がかかるし種類は多いし大変なんですよね。

なので、、効率的に買い物をしていかないとお金と時間が無駄になってしまうと予想できます。

お金に余裕がある人ばかりではないでしょうからね。

 

色々と考えつつ必要なものを絞って、さらに安く買う方法やルートも考えなければ「無駄なもの買ったな〜」とか「これじゃ作業効率が悪いぞ」となってしまいかねません。

そう考えていくと、DTMは機材を集めるだけでも一苦労なんですよね。

 

特に初心者の段階だと似たような機材もたくさんあってどれがいいのかわからないでしょう。

この機材集めという段階でもある程度考えていかないと、今後のDTMライフに差が出てくるのです。

 

まあ軽くDTMを体験できればいいという程度の人なら別になんでもいいんですけどね。

素早くハイクオリティのものを作りたい人ほど機材の集め方も気にした方がいいです。

 

うまく機材を揃えるならどんな行動や意識が必要?

 

例えば、

  • 自分に適した機材を調べる
  • 必要なものにはお金をかける
  • 時期を見極めるための計算をする

といったことを考えた方が良いでしょう。

個別に説明しましょう。

 

適切な機材を調べる

 

DTM機材を集めるときは自分に適切な機材かしっかり考えないと非効率的です。

簡単な部分で言えばMIDIキーボードの鍵盤数。

いつか外に持ち出すかも….と小さいものを買ってみたら家でしか使わないということもあるかもしれません。そうなるとやはり鍵盤数が多いものの方が有利ですよね。

 

まあMIDIキーボードは小さいのであればそんなに高くないですが、後から大きいの買って小型を使わなくなったもったいないですよね。

作業効率とお金ともに差が出ます。他にもいろいろありそうです。

 

自分にあったものが選べないといけません。

 

必要なものにはお金をかける

 

必要なものをすぐ買わずに迷っているとかなり時間の無駄になります。

 

例えばDAW。

フルバージョンを買うお金はあるのに高いからなんとなく…とグレードの低いものを買ってしまうと、最高グレードのものなら一瞬でできる作業がうまくいかないなんてこともあり得ます。

 

またこれがあれば悩みが解決できる!というプラグインがあっても値段が高いと迷いがちでしょうが、DTMは良いプラグインがあればあるほど楽に曲をよくできるので、そういうものをサクッと買える方の方が成長は早く見えるでしょう。

 

私が作っているジャンルのEDMではそれ用のシンセサイザーがあるかないかでクオリティが圧倒的に変わります。

EDM系の有名どころのシンセは、プリセットだけでもプロ並みのシンセサウンドを出すことも可能なのです。

 

そういうものを迷わず揃えられるかという部分でも差が出ますね。

まあここはお金にもよるのですが、あるのとないのでは差が出てくるので他の部分で節約していけるといいですね。

 

PCにしてもスペックに妥協したらすぐ快適じゃなくなるのがDTMです。

 

時期を見極めるための計算

 

貧乏くさい話に聞こえるかもしれませんが、DTM機材集めではセール期間というのは圧倒的に重要。

ハードウェアはそこまでですがエフェクトやソフト音源のプラグイン系は値段が全然違います。

そういう時期に向けてしっかり貯金しつつ生活できる人の方がいいですね。

 

例えば有名な音源集のKOMPLETEは、普段は6〜7万とかしますがセール中なら4万くらいで買えるのでかなりお得です。

 

有名な期間は11月にあるブラックフライデーですね。DTM歓喜の時期でDTMerはみんな色々買い物してますね。

あと春とかクリスマスとかもセールしてる会社もあります。

 

こういった部分をしっかりと調べて、セールに向けて準備できると効率が良いです。

値引きが期待できないものは先に買っておいてとりあえずそれで楽しんでおき、セールで普段は高額なプラグインを買ってみれば曲のクオリティも上がります。

 

効率よくお金を使うというのは曲のクオリティも左右するのです。

 

別に考えなくてもいいとは思うが差がつくことは避けられない

 

まあ、ここまで語ってきたことは正直そこまで気にする必要はないかもしれません。

独学で素早くプロを目指したいとか早くハイクオリティの曲を作りたいという方向けでしょう。

DTM機材でどれを買おうと迷うのも楽しいですしね。

 

ただやはり、DTM機材をうまく揃えると素早く良い結果に近づくことができるということです。

上にあげたことをほんの少し気にしてみてもいいかもしれませんね。

 

筆者が気をつけていること

 

一応うまく機材を集めるために筆者自身色々考えていましたのでその一部をご紹介。

参考にしてもしなくてもいいです。

 

時間を有効に使ってお金を管理する

 

DTM機材を集めたいけどすぐにお金ができないという方はたくさんいるでしょう。

そういう時は貯金するしかないのですが、この期間を無駄にすると勿体無いですし早まって機材を無理に集めてもそんなに意味がないかもしれません。

 

貯金するとなると一ヶ月単位で考えなければなりません。

なのでその間はDTMができなくて時間がもったいないぞということになりますが、全然できます。

初心者であれば無料のDAWを触ってみたり、作曲について調べていればいい感じに時間を潰せます。

 

作曲の本をサクッと買ってそれをマスターしてから本番にいくのもいいでしょう。

作曲もDTMの一つですからね。

 

もしくはオーディオインターフェイスかMIDIキーボードを買うと無料DAWが付いてくることが多いので、最初にそれで操作に慣れるというのもいいでしょう。

DAWは同じものであれば無料版でも上位版でも操作方法はほとんどかわりません。

 

初心者は機材を集めるだけでいきなりいい曲が作れることはありません。

それはただツールを手にするだけなので、そこに知識と経験が乗らないとだめです。

 

なのでまずは機材がなくても学べる作曲についての本なんかで時間を潰すと、なんとなく理解した頃にお金もたまっていいかもしれませんね。

このようなイメージで機材を集める時は時間を有効に使ってお金を貯めるといいです。

→→→時間の流れ→→→

 

上の画像は、あくまで時間の使い方のイメージです。実際はこんなんではなくもっと並行してやっていきます。ただこれだけの差が出る可能性があるということですね。

 

安いのにプロレベルの機材はサクッと買う

 

比較的安いのにプロも使うような機材がDTMには存在します。

例えばMDR-CD900STというモニターヘッドホン がありますが、これを例に出すとわかりやすいです。

これはDTM界では言わずと知れたモニターヘッドホンで、スタジオにも置いてあるプロ仕様のモデルです。

しかし値段は1万6千円くらいで買えてしまうのです。

 

そしてヘッドホンは上を探せばたくさんありますが、こいつがあればプロレベルの環境が手に入るのです。

こういうものは迷わず買った方がいいですね。

 

こういうアイテムを集めれば集めるほど有利になる気がします。ここの決断力は重要です。

同じくらいの価格帯でATH-M50xというヘッドホンもあり、これもプロが使えるレベルなのでこういうものは迷ってもいいかと思いますが。

モニターヘッドホンATH-M50x レビュー EDM制作とかに使えそう

モニタースピーカーで言えばHSシリーズやMSPシリーズなんかも似たような存在かと思います。

他の機材は正直線引きが難しいので見極めていく必要はありますが、このようなイメージで比較的安いのにプロレベルのものはサクッと集めていくといいですね。

 

オーディオインターフェイスだとユニバーサルオーディオとかBabyfaceとなると10万円とかしますし、音源もKOMPLETE ULTIMATEとかも11万円とかになるのでそこは後回しでいいですが、手軽にプロ仕様のものはサクッといけるといいのではないでしょうか。

 

何が良い機材なのかもわからないので、最初は安いもので練習するのもいいと思いますが。

私自身そうしてきました。

軽く練習して良い機材を見極められるといいですね。

 

また最初は良いけどしばらくすると物足りなくなるということはよくあるので、そういうのはアップグレードしてしまえばいいですね。

 

ポイントがたくさんつく・安いショップを探す

 

私は基本ポイントを含めて最安値のところを探せるようにしています。

けち臭い話だと思われるかもしれませんが、金持ちではないですしお金は有限なのでできるだけ安く済むようにしています。

 

そうすればお金を効率よく使うことができ、お金をかけたい所にかけられます。

 

で、DTM機材は色々なところが扱っていて、

  • Amazon
  • 楽天
  • サウンドハウス(音楽機材の通販サイト)
  • 楽器屋
  • 楽器屋のオンラインショップ

などそれなりに選択肢があり、微妙に価格設定が違ったりします。

私はよくサウンドハウスを利用するのですが、値段が安くポイントが10%なんてことが頻繁にあるので他より安く済む傾向にあります。

サウンドハウス

 

またサウンドハウスではブラックフライデーには色々値引きしてくれるクーポンがあったりするので、普通に一万円とか得することができます。

まあそんな感じで安くなるようにしています。

 

あと海外製のエフェクトやシンセなどのプラグインは、Plugin boutiqueというオンラインショップが安くておすすめです。

 

楽器屋で店頭で買おうとすると品揃えが少ない上に高いイメージなので、基本的に通販系はオススメですね。

安く済ませたい方は気にしてみてください。

 

最後に

 

ここまで長々と語ってきましたが、実際にはこんなこと気にする必要はそこまでないかもしれません。

特にDTMを趣味と位置付けている方からしたら余計なお世話というお話です。

 

ですが、あわよくばプロを目指したいとかプロレベルのものを作らなければ満足できなそうという方は気にしてみるといいかもしれません。

 

よく考えてうま〜く買い物する計画を立ててみるとお金と時間を有効に使うことができ、成長速度や曲のクオリティにもつながるかも?